山清水米 稲刈りの様子2015.09.30

広報担当 福島です!

9月22日頃から池谷集落の稲刈りが始まりました。

27日に午後から稲刈りのお手伝いに行ってきたので、様子をレポートします(´∀`*)

 

IMG_3339

 

稲刈りをしたのは、実行委員会が管理する田んぼでした。

 

IMG_3340

 

コンバインの登場です!

池谷集落のつぐらさん、隠居さん、実行委員会の共同で所有しているコンバインです。

それぞれの田んぼを順番にめぐり、みんなで稲刈りをしています。

 

IMG_3343

 

コンバインを操縦するのは、9月から実行委員会に入社した馬場さん!

今年初めてコンバインに乗るのに、もうすっかり慣れた手つきです。

 

IMG_3347

 

しかし、曲者田んぼでして・・・。

元々水が湧き出る田んぼであることと、今年は稲刈り前に雨が多かったので、地面がぬかるんでしまっています。

ぬかるみにコンバインがはまり、苦戦しているところ。

 

IMG_3350

 

あまりにもぬかるんでいるところは、コンバインでは稲刈りできないので、人の手で刈ります。

この田んぼはまだマシだったんですが、この後刈った田んぼがかなりぬかるんでいて・・・汗

ひどいところでは膝丈まで泥にはまりながら、一生懸命刈りました!

 

IMG_3357

 

休憩もまた楽し。

水が湧き出てしまう田んぼは、暗渠排水をしたらどうか?と村の方からアドバイスいただきました。

棚田が全てここまでの悪条件ということでもありませんが、やはり平地の田んぼに比べて手間がかかります。

棚田は景観がいいのはもちろん、ダムの機能を果たしていたり、地すべりや土砂が崩壊するのを防ぐ役割があると言われています。

中山間地にとって、棚田が保全されるということはとっても大事なことなんですね。

 

☆棚田の機能については、こちらに詳しく書かれています!☆

 

IMG_3362

 

刈り取った稲は、軽トラに荷台に乗せたコンテナに移し、乾燥機に運び入れます。

こういった運搬作業も、複数人数いると楽チン☆

 

IMG_3361

 

日が暮れてくると、西日が田んぼにさし、とても美しかったです(*´∀`*)

今週は、新潟市の敬和学園から生徒さんがボランティアに来てくれますし、週末には「田んぼへ行こう!!」があるので、とっても賑やかになりそうです。