お米通信 No.1332018.03.27

 

毎月、商品をご購入いただいたお客様に、商品と一緒にお届けしている「お米通信」。

ブログでもご紹介しています。

2月号(2月9日発行)の担当は、森孝寿さんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冬は出稼ぎ

この地方ではかつて、若い男衆の冬の間の出稼ぎが盛んに行われていたそうです。

池谷も例外ではなく、「毎日一升瓶で酒を飲んで、次の日は暗いうちに起きて働いたもんだ」と、そんなエピソードを聴いたことがあります。

それを聞いた私は冬の間に現金をがっぽり稼いで、春には抱えきれないくらいのお土産をたくさん持って帰ってくる。そんな格好良いおとうさんの姿をイメージするのです。

というわけで、格好良いお父さんになることを夢見て池谷にやって来て早2年、41歳後厄バツイチ独身の私、森孝寿が今回のお米通信を担当させていただきます。

昔の出稼ぎとまでは言いませんが、農作業のない冬の間は、スキー場、除雪作業、郵便配達、などの仕事を現在の我々は行なっています。

私も地元の味噌屋さんにお世話になっていまして、代々受け継がれた木桶での伝統的な製法を守る高長醸造場さんで、味噌やホッポロ漬などの十日町名産品を製造販売しております。

ホッポロ漬けの購入はこちらから!

 

雪掘り

”めぶき”(若い農業担い手の共同住宅)では現在私も含めて池谷の若い男衆3名で共同生活を送っています。

前述のように冬の間の仕事に精を出しすぎて、土日関係なく働きに出ていることが多く、めぶきは住人が留守がち。雪掘りが少しだけおろそかにという事態に陥りました。

ということで先日、束の間の晴天の一日、恩を売るべき時は今だ!と、打算的な心意気で最年長住人の私は鼻息荒く独り雪掘り作業に勤しみました。

積雪前→雪掘り直前→雪掘り後の写真をぜひご覧ください!

体力だだ落ちの私は、みんなのペースについていけないなーと感じることもあるのですが、今回は一人気楽に作業ができました。

というのは全くのウソで、ぐったりして午後はほとんど寝込んでしまいました。

 

今年の雪積量

先日は東京で40数年ぶりの寒波到来「今日は東京で20センチ積もったよ!」と友人→十日町ではたったの15センチ。と雪国らしからぬ事態が起こっていました。(1月29日現在)

しかしそれも過去の出来事。移住2年目にして最大規模の積雪量を経験中です。

と、思っていたのですが、こんなの物足りないよ!と先輩方から叱責を受ける始末。

豪雪地十日町おそるべしです。だって、雪を下ろした翌日にはもうこんなになってしまうのですから!

それではみなさま、まだまだ寒い日が続いております、どうか自愛くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山清水米の購入はこちらから!

http://shop.iketani.org/