2018年の振り返り2018.12.31

事務局長の多田です。

大晦日ですので、今年1年間を振り返ってみたいと思います。

池谷集落に関する取組としては以下の6点が大きな出来事でした。

・棚田オーナー制度の開始
都会に住む人が自分のペースでお米作りに関わる事が出来る仕組みとして棚田オーナー制度を開始しました。楽しみながらお米作りに関わってもらいつつ、農業/農村の多面的機能について、都会に住む人に知ってもらいたいと思います。

・団体の1週間程度の滞在受入
カブスカウトや大学生のボランティアサークル等が10数人~20人程度で1週間程度池谷分校に滞在する受入を行いました。
これまでは週末のイベントでこれくらいの人数を受入れたり、インターンシップとして1名から数名を1ヶ月~1年間受け入れた事はありましたが、10数人~20人を1週間程度受け入れた事は初めてでした。
特に夏は1ヵ月間雨が降らず、水不足でしたので、池谷分校で滞在する水が心配でしたが、滞在した大学生の報告会での発表を聞いたところ、いい意味で相当印象に残る経験が出来たという事でした。

・お米の販売先増加
私が新卒で入社した会社の同期で介護事業の経営者と久しぶりに会って話をし、山清水米を1施設で通年で使ってもらう事になりました。
また、私の実家から徒歩5分程度のところにある飲食店からネットで問い合わせがあり、お米を出荷させて頂きました。年末に帰省した際にご挨拶に行き、食事をしました。

・稲作の不作
今年は夏に1ヵ月間雨が降らなかった事は前述しましたが、雨が欲しい時に雨が降らず、稲刈り前に雨が続くなど天候に恵まれず、その他様々な要因が重なった事で収穫量が過去最少となり、大幅な減収となりました。
NPO法人地域おこしで直接作付けして管理する面積は年々増えてますので、収穫量が減った時の金銭的な影響が大きくなり、例年通り取れた時に比べて数百万円規模の経済的損失がありました。
天候以外の原因については色々話し合って対策をはっきりとさせましたので、来年は挽回できるようにしたいです。

・本の出版
11月に書籍『奇跡の集落:廃村寸前「限界集落」からの再生』を農文協から出版しました。
内容は2部構成で、第1部は実話編として、震災復興10周年記念事業の際に発行した10周年記念誌をベースに最新の情報なども盛り込んで加筆修正し、池谷/入山集落のこれまでの地域おこしの取組みについて描きました。
第2部はノウハウ編として、地域づくりにおける主に人と人との関わりの部分に焦点をあてて、他の地域でも参考にできるようなポイント整理を紹介しています。

・坂之上さんが亡くなる
12月に池谷集落の坂之上のお父さんが亡くなりました。坂之上さんは私が引っ越してきた年くらいに脳梗塞になり、翌年から田んぼを辞め、そこからは交流イベントなどにも参加できなくなっていました。いつかこういう時が来るとは思っていましたが、とても悲しい出来事でした。

 

池谷集落外の取組では、①地域づくりの面と②企業との接点の面で前進しました。

①地域づくりの面では、特に以下の2点が印象に残りました。

・アドバイザーとしての定期訪問
十日町市の外から定期訪問してアドバイザーとしてサポートする依頼を受け、月1回程度の頻度で訪問してサポートを行いました。支援先の取組で臨時直売所をプレオープンし、来年の本オープンに向けて本気で動く人達が出てきました。

・新潟県地域づくり研究会への参加
新潟県地域政策課による「地域づくり研究会」に県内の専門家の方々と一緒に参加し、議論する中で、地域政策課の方が部署を超えた動きを見せるようになってきました。

アドバイザーの取組でも、地域づくり研究会でも、このような形で、人の心に火がついていくような関わり方を通じて、これからが楽しみな展開が見えてきた事は素晴らしいことだと思います。

 

②企業との接点の面では、以下の3点が新たな取り組みでした。

・新潟イノベーションプログラムへの参加
これは野村證券と野村総研による企画で、新潟県内の意欲的な経営者とクリエイターが集まって、新潟県内で新規事業を計画し、プレゼンテーションまで行う取り組みでした。
私はクリエイター枠で参加のお誘いを受けましたので参加しました。
新規事業の計画としては「太鼓×地域資源×企業 で元気爆発事業!!」と題して佐渡の鼓童の太鼓を活用した自然の中での企業受入れの事業を発表しました。

・商工会議所青年部県連出向
私は十日町商工会議所青年部に所属していますが、今年から県連に出向する事になり、県連の会議や運動会などに参加して交流の輪が広がりました。

・新潟NPO協会理事有志と企業向けの取組開始
新潟NPO協会の理事何名かで、NPOの活動と企業を結びつける事を目的として企業向けにサービスを展開する合同会社が立ち上がりました。私もメンバーの一人として関わりました。

 

今年は私自身としては池谷集落の中の取組みにかける時間の割合を減らしていき、池谷集落の外の取組にかける時間の割合が増えてきました。

 

年末にこれからの自分のミッションステートメントを端的に表現することが出来ましたので、記載したいと思います。

『都市農村共生を通じて、より多くの人達が安心・安全で楽しく暮らせる社会を創る』

上記を実現するために、若手の移住者も増えてきてますので、来年は役割分担をしっかりとして、集落の中の事はどんどん任せていける体制を作り、私自身は都会の企業と池谷集落をつなぐ活動により多くの時間を使えるようにしていきたいと思います。

新米を食べる会を開催しました!2018.12.01

こんにちは!
農作業他&ブログ担当の森です

11月10日に開催しました、『新米を食べる会』の様子をご報告させていただきます!

11/10 新米を食べる会

今年収穫した新米と村のお母さんたち手作りの美味しい料理をいただきながら、参加者の方々と交流を深めることができました。

 

==イベント詳細==

2018年11月10日(土)

13:00 受付開始
13:30 オリエンテーション
14:00 ブナ林散策
15:00 池谷のお母さんたちとお料理づくり
16:00 窯焚きスタート
17:00 食事スタート
19:00

 

▽まずはオリエンテーション的なものからスタート

今回参加してくださった方々は、とっても少人数でしたがバラエティーに富んだ方々ばかりで、最初の自己紹介からオープンマインドで深〜いお話も聞けて、とっても打ち解けた雰囲気で過ごすことができました

 

▽有志メンバーで池谷集落自慢のブナ林へトレッキング!

車でこの入り口付近までやってきまして、ここから先は5分ほどブナ林まで歩いて行きます

 

▽途中紅葉を堪能しながら歩いていきます

参加者の方の後ろ姿と私(森)です笑

 

▽絶景スポット

池谷集落は標高300メートルほどの高台にありますので、こういう絶景が楽しめるスポットがいたるところに存在するのです。ブナ林散策コースの絶景ポイントでしばしゆっくりと佇みました。

 

▽カエル

跳んでます笑

▽きのこ

名前はわかりません汗

食べられるのでしょうか??

▽ブナの実

蕎麦の実によく似ています

実は結構貴重なもので、5年に一度くらいの周期でしか実を落とさないのだそうです。今年はたくさん落ちていましたから、ブナが子孫を残そうとする周期にちょうど合致したのですね。

 

▽ブナの実をむいているところです

食べた感じは 薄味のくるみ という感じでした。

クマの大好物だそうで、ブナ林を歩くときはクマとの遭遇に注意ですね

 

▽釜炊きご飯

参加者の方に手伝っていただきました

新米を美味しく炊くには水加減にご注意ですよ〜、一割くらい水を少なめにして炊かないと水分多めの炊きあがりになってしまいます〜

 

▽交流会のお料理の準備です

ブナの実の皮むきやら釜炊きご飯やら盛り付けやら、参加者の方にものすごくお手伝いしていただきました

 

▽新米〜!

ジャーン!

美味しそうです〜

おかず無しでも3杯はいけちゃいます

もっさり山盛りのお汁も美味しくいただきました〜

 

▽交流会は大盛り上がりでした

ここのところイベントの交流会が毎回盛り上がっているような気がするのは気のせいではないと思います。

いつも盛り上がるのですけどいつも以上に盛り上がります。何故なのでしょうか笑

少人数でしたが個性的で面白い方が集まったので面白いアイデアが浮かんでは消え浮かんでは消え・・・

なのですが、毎回ですけど、今後も交流が続いていく方々との繋がりができたように思います。

 

▽みなさんバッチリ笑顔で記念の集合写真です

残念ながら私は撮影係のため写っておりません泣

美味しい新米と美味しい料理、美味しいお酒と、楽しいお話で満足な時間でした

 

一昨年から収穫祭という形ではなく、シンプルに新米を食べる会ということで、それほどまでには集客に力を入れずに開催していますので、参加したくださった方は少人数ではありましたが、我々としても全く疲れることなくそれでいて充実したイベントになりました。

願わくはこのスタイルで、もっとたくさんの方に遊びに来てもらえるようなイベントに育てていきたいなと思うのは都合のいい願望ですね笑

今回参加してくださった方、是非来年もお会いできれば嬉しく思います!

そして来年は新しい方との交流も楽しみにしています!

 

新米のご注文は是非こちらのネットショップからお願いいたします

池谷・入山ガイドネットショップ

 

地方創生はカリスマによって行われるのか?2018.11.28

この度出版した『奇跡の集落:廃村寸前「限界集落」からの再生』において、私が書籍で伝えたい事が端的に表現されたレビューを頂きました。

これはとても嬉しかったのでブログにも記事として書かせて頂きたいと思います。

レビューのページはこちら

「地方創生は一人のカリスマの存在だったり、鮮やかな独創的な手法で一気にうまくいくものではない、地道なプロセスの積み重ねだということを教えてくれます。
 前半をさっと読むと奇跡の集落の秘訣は様々な献身的な人々の努力の積み重ねといろいろなめぐりあわせではないかと思ってしまいますが、この本の後半ではきちんと偶然に見える事柄から必然な事象をきちんと社会科学的に分析しています。そういった意味でこの本はカリスマが起こした「単なるサクセスストーリー」ではなく、一つ一つ地道に積み重ねていく地方創生にとって再現性のあるアプローチを提唱しているといえると思われました。」

歴史にも英雄史観という言葉がありますが、カリスマ的な英雄が歴史を動かしてきたと思われがちです。
しかしながら、本当はカリスマ的な英雄以外の数多くの人達が関わり合って歴史は動いてきたわけです。
地方創生の取り組みは現在進行形の歴史であり、一人一人の行動の積み重ねが我々の未来を創ると思います。
誰かが何とかしてくれるという他人事ではなく、一人一人が我が事として主体的に動く事が大切だと思います。

田んぼへ行こう!稲刈り編 を開催しました2018.11.08

こんにちは!イベント開催報告ブログ&農作業担当の森です。

10/6に行われた、NPO法人地域おこしの稲刈りイベント開催のご報告です

と、その前に、少しばかり前のことになってしまいましたが、池谷集落も今年の稲刈りが全て終わりました!皆様のおかげです!ありがとうございます!

そして1110日は新米を食べる会を開催します!

新米を食べる会では今年の新米をみんなで美味しくいただくことができます!!

本当に直前ですが、まだ参加者募集中です☆

http://iketani.org/event/eat-new-rice2018/

では、106日に開催された『田んぼへ行こう!稲刈り編』のご報告です

 

 

▽先ずはオリエンテーションです。

事務局長多田による、田んぼでお米ができるまでの一年間の、動画を交えた解説です。稲刈りの仕方も動画を使ってしっかり説明しました。きっとみなさん、これから刈り取るお米たちに思い入れを持っていただけたのではないでしょうか。

▽田んぼに到着後、各々手に鎌を持ち、手刈りによる稲刈りに挑戦。今回は大正大学の学生さんたちがフィールドワークにきてくださっていたこともあり、大人数での稲刈りになりました。

▽こんなふうに楽しみながら順調に稲たちは刈り取られていったのでした。

 

▽お手伝いの方(?)の労をねぎらっている(頭をナデナデしている)ところです。

筆者の私(森)の大切な仕事は参加者の皆さんに楽しく安全に作業していただくように気を配ること。疲れていないか様子を見ながら声をかけつつ、時にいたわりつつ、滞りなく作業を進めてもらうことなのです。ということを表現したいがためにどうしてもお見せしたかった一枚です(笑)

いやあ、動物と触れ合うと癒されますね、このこを連れてきてくれた参加者の方にこの場を借りてお礼を言わせていただきます。ありがとうございます。

 

▽無事稲刈り終了!

軽トラックの荷台に刈った稲を積み込んで記念撮影でした。みんな笑顔ではち切れそうです!!

 

▽刈り取った稲を天日干し!

逆さに吊るして二週間ほど稲を天日で乾かします。ゆっくり水分量が低下していくと同時に、葉や茎に残った栄養がお米に浸透していきます。これが最後の仕上げになって収穫したお米が美味しくなります。

 

▽恒例の懇親会!

たくさん作業をした後は村の人や参加者の方も一緒になって、たくさん食べて、たくさん飲んで、たくさん話して盛り上がりましょう。というのが毎回恒例です。程よく参加人数がいるので、これまた毎回恒例の全員の自己紹介タイムが程よく懇親会を盛り上げてくれるというのもいいところですね。

稲刈りイベントに参加してくださった皆様、お疲れ様でした!

これからもぜひ気軽に楽しいお米作り体験にきてくださいね!!

来年の棚田オーナーの募集も近日開始予定です!

本が出版されます!2018.11.08

この度、11月中旬に農文協から書籍を出版いたします。

タイトルは『奇跡の集落~廃村寸前「限界集落」からの再生』です。

 

本書は「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとした

ソーシャル&エコ・マガジン「ソトコト」編集長の指出一正さんから

「『関係人口』のお手本は、多田さんと池谷集落のみなさんにあります!」

と、オビに推薦文を書いていただきました。

 

また、過疎や限界集落等、農村問題の専門家として、政府の各種審議会の

委員等も務めている明治大学の小田切徳美先生に解題を書いていただき、

その中で以下のように書いて頂きました。

「これは、農山村再生という目標から、より高いレベルの都市農村共生構築への

 挑戦である。

 多田氏のこうした実践に導かれ、政策的にも、そして研究的にも新たな目標設定が

 求められているのではないだろうか。

 そうであれば、本書はその幕開けを宣言する革新の書に他ならない。」

 

本書は少子高齢化と過疎化の進む地域で外部との交流人口を増やし、

移住者を呼び込みながら、行政・地域住民・よそ者がそれぞれに連携して

地域おこしを進めていくための参考になるものとして書きました。

第1部は実話編として、私の住む新潟県十日町市の池谷集落が6世帯13名

という廃村寸前の限界集落から11世帯23名にまで盛り返し、

限界集落から脱却していく過程を詳しく掘り下げてご紹介します。

実際の例を住んでいる地域住民の視点から深くご紹介することで、

リアルな農山村の実態をお伝えするとともに、限界集落になぜ外から

移住者が来るようになり、復活していったのかをストーリーとして

知っていただくことできます。

第2部はノウハウ編として、限界集落が再生していく際のポイントを整理しました。

ポイントは抽象化して他の地域でも応用できるようにまとめてみました。

いわゆる全国各地の表面的な成功事例を並べるというものではなく、

池谷での経験を元にして、人と人との関わり方や多くの関係者をどのように

巻き込むのかといったポイントを整理し、どこの地域でも応用ができるように

と考えて書きました。

ポイント整理の部分では、抽象化したポイントの具体例として、

第1部の実話編に出て来たことを対応させてイメージを持ってもらいやすい

形にしました。

これにより、ご自身の地域でもどういうポイントに注意して物事を進めると

よいのかがより考えやすくなればと思います。

ノウハウ編のポイント整理では、地域おこしの分野で多くの地域の現場に

入り込んで研究している明治大学の小田切徳美先生や、震災復興からの

地域おこしの現場で数多くの支援を行ってきた中越防災安全推進機構の

稲垣文彦さんが体系的にまとめた地域おこしにおけるポイントと、

私が都会で経営コンサルタントや組織開発のコーディネーターとして

仕事をしていた時に学んだノウハウを活用したものが盛り込まれています。

※小田切先生、稲垣さんには本書にご寄稿もいただいています。

ですので、私の独りよがりなものではなく、きちんとした研究にも裏打ち

されたものだと言えます。

ぜひ、立場の異なる人がたくさん関わる際に前向きに物事を進めていくために

重要なポイントとして、様々な地域でご活用いただきたいと考えています。

本書を一つの参考として、全国各地の現場で地域おこしの取り組みが

前進していくことを願っています。

 

目次

第1部 実話編 廃村寸前のむらが限界集落から脱却するまで
プロローグ~賑やかだったムラ
第1章 地震で村が変わった
中越大震災前夜
村はもうダメかもしれない
ボランティアってなんだ?
ボランティアが村の雰囲気を変えた
村の宝を探そう
村をなくしたくないんだ
オラたちの米を売ろう

【コラム】東京で働き続けることへの疑問から移住を決断    福嶋美佳

第2章 集落存続に向けてむらが動いた
集会所の改修
むらの計画書をつくる
米の直販の本格化
農業研修生の受け入れ
30年ぶりに盆踊りを復活
私の池谷集落との出会いと地域おこし協力隊の募集
集落の5年後を考える
震災復興支援からの自立
分校で籾山さんの結婚式を
移住女子がやって来た

【コラム】「こんな大人になりたい」と思える人たちがいたから    佐藤可奈子

第3章 集落の灯を絶やさない
集落の人の離農
NPO法人化
被災の経験を活かして
訃報
インターンシップ事業開始
加工品事業に着手
NPO法人として稲作を受け継ぐ
池谷分校大同窓会
集落の3年後を考える会
農業後継者育成住宅「めぶき」の建設
インターン生が「めぶき」に住むように
限界集落から奇跡の集落へ

【コラム】池谷に来るまでのすったもんだのこと    多田美紀

【ロングインタビュー】
「あきらめ」の気持ちをどう乗り越えたか 山本浩史(特非「地域おこし」代表理事)
■むらがなくなる過程をつぶさに見る
■震災復興ではなく、むらの転換点に
■事務局の人材を求めて「地域おこし協力隊」を構想
■入山の田んぼはすべて自分で直した

【聞き書き 池谷の暮らし】
戦後から中越大震災以前の暮らしとなりわい
むらの封建的な空気を変えた若先生 曽根武さん、イミ子さん(屋号「津倉」)の話
中卒後、夏は農業、冬はあちこちへ出稼ぎに 曽根藤一郎さん(屋号「橋場」)の話
養蚕から葉たばこへ 庭野功さん、ヒサさん(屋号「隠居」)の話
冬場の仕事 茅野の工場で寒天づくり 庭野功さん(屋号「隠居」)の話
圃場整備の調整に苦労した 曽根武さん(屋号「津倉」)の話
苦労してお客を開拓したサツマイモの振り売り 曽根藤一郎さん(屋号「橋場」)の話 

【コラム】池谷集落の中核、旧住民の底力  NPO法人棚田ネットワ-ク代表 中島峰広

第2部 ノウハウ編 限界集落再生のポイント 

第1章 イベント単発型でなく、継続的に地域を発展させるには?
「地域おこし」の長期的なイメージを持つ
外部の人でもいいから農地を引き継いでほしいという人が集落の多数派になる
オープンマインドな雰囲気が移住したい気持ちを呼び覚ます
自分が人生を賭けてもよいと思える信念がある
行政とのコミュニケーションを円滑にする方法
守備範囲を決めない
なかなか話が通じない人とのコミュニケーション
地域おこしの発展段階に応じた取り組み方
活動を次世代に継承する観点
50代以下の人たちが地域のために働ける体制づくりが課題
地域での子育て環境

【コラム】震災ボランティアから地域サポート人へ、そして地域サポート人が日本を救う
                (公社)中越防災安全推進機構 業務執行理事 稲垣文彦

第2章 将来ビジョンをつくる際のポイント
目的・将来像・理念の関係
まずは個人のビジョンを考えよう
大勢で集まってワークショップをする場合の留意点
ビジョンづくりワークショップの進行例――3年後の集落の姿を描く

【コラム】池谷集落から希望の種をもらった 長野県栄村小滝集落/合同会社小滝プラス代表社員 樋口正幸

第3章 移住者や地域おこし協力隊員をうまく受け入れるために
移住・定住促進の4ステップ
行政が先行すると空回りする
地域がどれだけオープンになっているか
移住者受け入れの世話役としてのコツ
地域おこし協力隊の課題
行政職員が地域おこし協力隊員に対して感じていること
地域おこし協力隊員が行政職員に対して感じていること
地域おこし協力隊制度をうまく運用するためには

【コラム】池谷の背中を追いかけて 佐賀県有田町 元地域おこし協力隊 佐々木元康

第4章 時代の転換点で今後何を目指すべきか?
地方の将来は暗いのか?
東京オリンピック前後の今が時代の転換期になる?
地方からこそ新しい産業構造が提案できる

[解題]地域再生の実態と理論の最前線-農山村再生から都市農村共生へ-
明治大学農学部教授 小田切徳美

 

是非お近くの書店でお買い求め頂けると嬉しいです!

1 / 2312345...1020...最後 »