田んぼへ行こう!~その32015.10.08

 

広報担当 福島です。

10/2~4に開催した「田んぼへ行こう!!」のレポート続きです(´∀`*)

☆その1はコチラ

☆その2はコチラ

 

○10/4(日)

最終日は、刈った稲を“稲架(はざ)”にかけます!

稲架は、“はさ”とも“はざ”とも呼ばれ、十日町市では“はって”ともいいます。

土曜日には、パイプでできた稲架に稲をかけていましたが、日曜日は立木を利用して作った12段の稲架かけを行いました!

 

IMGP9679

 

12段ともなると、なかなかのスケールです!

最初の段は、簡単に手が届きますが…。

 

IMGP9683

 

IMGP9684

 

上の方になってくると、はしごを使います。

それでも中段くらいは手をのばせば、稲を渡せるのですが…。

 

IMGP9686

 

もっと上の方になると、ほおり投げないと届きません!

ここで、山本代表から稲の投げ方指導が入ります。

 

IMGP9690

 

山本さんいわく、「稲をねじってひとまとめにする」「腕の力だけでなく、体全体をバネのようにして投げる」ことが大事とのこと。

皆さん、早速挑戦です。

 

IMGP9698

 

最初はなかなか皆さんうまく投げられません・・・。

IMGP9702

 

受け取り手も必死です。

 

IMGP9721

 

だんだんとコツをつかんで、皆さん上手になりました!

昔は、投げるのは女性や子供の仕事だったとのこと。やはり、上手に投げるには、力ではなく技術が大事ということですね!

 

IMGP9725

 

では、なぜ稲架に稲をかけるのか…。

それは、稲を自然乾燥させるためです。

現在では、機械の乾燥機で稲(籾)を乾燥させていますが、昔は全て稲架にかけて乾燥させていました。

稲架かけは手間がかかりますが、ながーく乾燥させる分、茎や葉の養分が籾に凝縮され、おいしいお米になると言われています。

 

この稲架かけしているお米は、全て農薬や化学肥料を使っていないお米。

なんと! こちらのネットショップから購入することが可能ですよ☆笑

☆山清水米ネットショップ☆

 

人間も、稲も、熟成された分、いい味がでるんですね(´∀`*)

 

稲架かけ作業で、今回の「田んぼへ行こう!!」の全プログラムが終了!

皆さま色んな体験をし、村の人と交流し、非常に楽しんでいただけたようです!

☆イベント参加者の声はこちら

 

2泊3日、どうもありがとうございました!!!

また皆さまとお会いできるのを楽しみにしています!

 

田んぼへ行こう!~その22015.10.07

 

広報担当 福島です。

10/2~4に開催した「田んぼへ行こう!!」のレポート続きです(´∀`*)

☆その1はコチラ

 

○10/3(土)

作業が終わった夜は、村の人も交えて恒例の交流会☆

村のお母さんと参加者の方が作ったおいしそ~~~~な料理が並びます♫

 

IMGP9654

 

IMGP9655

 

カンパーイ☆☆

 

IMGP9658

 

村の人から昔の話しが出たり、つぐらのお母さんから「79年生きているけど、今が1番幸せ!」と名言が出たり、村の人も参加者の人も楽しく交流をしましたヽ(*´∀`)ノ

 

IMGP9657

 

と畜した鳥のガラでスープを作った、ラーメンも参加者からふるまわれました!

 

IMGP9665

 

素朴な味がして、ウマウマでした(*´∀`*)

 

二次会は、集会所の隣、“めぶき”で!

(急遽決まったので、めぶきに住む馬場くんが慌てて片付けにいきました笑)

 

IMGP9671

 

IMGP9672

 

いい感じの雰囲気です♪♪

若干1名、いい感じになりすぎて、寝落ちしています…笑

 

IMGP9676

 

二次会でもさらに交流が深まりました!!

猛者たちは、翌日早朝に多田事務局長案内のもと、池谷のブナ林散策にでかけたそうです!!

 

続きます!

 

田んぼへ行こう!~その12015.10.05

 

広報担当 福島です。

10/2~4に「田んぼへ行こう!!」を開催しました!

イベントの様子をレポートします(´∀`*)

 

○10/2(金)

21時半に十日町駅に集合!

この日はオリエンテーションのみで終了しました。

 

○10/3(土)

午前中は、全員で無農薬田んぼでの作業をしました。

バインダーで刈った稲を運んだり、刈った稲を束ねたり・・・。

IMGP9573

稲を束ねることを、こちらでは“まるける”といいます。

参加者の方にまるけ方を教える、インターンの安藤くん。

IMGP9570

作業後には、山本代表の山遊び教室が開講(笑)。

 

IMGP9583

 

みな、童心にかえります。

 

今回、参加者からの希望があり、多田事務局長が飼育する鶏をと畜するプログラムも行いました。

普段スーパーに並んでいる肉を買うだけの私たちは、どうしても「命をいただいている」という事実に鈍感になってしまいがちです。

今回、と畜をすることで改めて命をいただくことを感じられた、と参加者の方からご感想いただきました。

ここでは写真掲載は控えますが、命をいただくという大事なことですので別の機会にご紹介したいと思います。

 

さて、農作業とと蓄が終わったあとは、昼ご飯!

 

IMGP9618

 

給食を思い出しますね~。

 

午後からは、農作業チームと料理チームに分かれて作業を行いました。

 

料理チームは、村のお母さんたちと交流会の食事づくり。

 

IMGP9631

 

お母さんたちとおしゃべりしながら、地元の料理を作りました!

分校で、と畜した鶏を調理するチームも。

 

作業チームも二手に分かれ、村のお父さんたちの稲刈りを手伝うチームと、無農薬田んぼで作業するチームに。

 

IMGP9640

 

敬和学園の生徒さんたちが一生懸命刈った稲を、はざかけしていきます。

前日の雨で田んぼがぬかるんでしまっていたので、手伝っていただき本当に助かりました!

やはり、こちらの作業後も山本代表の山教室が開講(笑)。

 

IMGP9649

 

山本代表は、なんとかマメと言っていましたが、正式には「ツノハシバミ」というみたいです。

この緑色の皮をむくと、ヘーゼルナッツに似た実が出てきます。

固いので噛んで開けると、まさしくヘーゼルナッツのような中身が。

 

IMGP9650

 

実自体には味があんまりありませんでしたが、ネットで調べると炒って食べると美味しいそうです。

今度やってみたい・・・。

 

さすが、入山集落の野山で育った山本代表。山の知識(特に食べられるもの)の知識が豊富です。

 

さて、次回に続きます!

 

 

敬和学園高等学校のみなさんが来てくださいました!2015.10.02

 

広報担当 福島です。

9/30~10/2に、敬和学園高等学校の生徒さんたちが奉仕活動に来てくださいました。

敬和学園高校はキリスト教系の学校で、毎年生徒さんが各地で奉仕活動を行うのだそうです。

今年初めて、池谷集落に47人の高校生+先生が来てくださいました。

 

生徒さんたちはいくつかのグループに分かれ、

 

IMGP9541

 

村の人のところで、芋掘りの手伝いをしたり、

 

IMGP9551

 

籾摺りの手伝いをしたり、

(これは米袋のヒモの結び方を教えているところ)

 

IMGP9545

 

実行委員会の田んぼの稲刈りを手伝ってくれたりしました。

 

計3日間、慣れない作業ながらも楽しみながら、様々なことを手伝ってくださり、本当に助かりました!

 

それにしても、高校生のパワーはすごい(笑)

分校に高校生たちの賑やかな空気があふれて、分校もなんだか喜んでいるみたいです。

私はただただ、圧倒されるばかりでしたが…笑。

 

また来年も来てくださいね☆

 

佐渡の棚田の守人に会いに行きました。2015.10.01

 

広報担当 福島です。

話しが遡ってしまいますが、8月末に講演に呼ばれ佐渡に行ってきました

講演の翌日には、佐渡の棚田の守人である大石惣一郎さんにお会いしに行きました!

とても参考になる活動をされている方ですので、ぜひレポートしたいと思います(´∀`*)

 

大石さんとの待ち合わせは、岩首地区にある旧岩首小学校。

 

IMG_3034

 

池谷分校と同じく、閉校になった小学校を拠点に活動されています。

 

IMG_3030

 

木のぬくもりがある、素敵な小学校☆

2階建てで非常に広かったです!

主に首都圏の大学生が岩首小学校に寝泊まりし、農作業などの体験にくるそうです。

夏休み時期は入れ代わり立ち代わり大学生が来るそうで、とっても忙しいとのこと!

 

IMG_2977

 

小学校に置いてあった、岩首地区の棚田空撮写真。

 

IMG_2981

 

写真じゃちょっと分かりづらいですが、写真下の海側が居住地域。

その上にひたすら棚田が広がっているのが分かります。

とにかく広い!!

次に、その棚田を案内していただきました。

 

IMG_2986

 

まず、水源地となる音羽の滝へ。

棚田の水は湧水なので、雨不足になるととにかく水管理が大変ですが、岩首地区の棚田はこの滝があるくらい水が豊富で水には困らないそうです。

 

では、棚田にレッツゴー☆

 

IMG_2991

 

やっぱり、とにかく広い!

点在している池谷の棚田とは違い、棚田がまとまっているので非常に景観が良いです。

 

IMG_2995

 

IMG_2999

 

高台には、学生たちと作ったという小屋が。

 

IMG_3006

 

この棚田を見ながら本を読んだりしたい、という学生の要望から、この小屋は作られたそうです。

 

IMG_3008

 

確かに、とっても綺麗な景色!

海がキラキラしていて、いつまでも見ていられる景色でした。

でもその美しさの裏には、ちっちゃな田んぼで一生懸命農業をしている70代80代の農家さんがいるんですね。

 

IMG_3013

 

IMG_3021

 

大石さんは、一度東京に出たそうですが、故郷の岩首地区に戻り棚田の保全活動や大学生の受入活動などを一生懸命取り組んでいるそうです。

「俺はこんな田舎嫌いなんだけどね」と言いながらも、誰よりも熱心に取り組んでいる、ちょっとツンデレな大石さん(笑)。

お互い頑張りましょう!! と約束しあい、別れを惜しみました。

 

IMG_3035

同級生コンビ、パチリ☆

海があって温暖で、田んぼも果樹も漁業も畜産もあって、佐渡もすごくいいところでした。

大石さん、突然の訪問にも関わらず快くご案内くださったありがとうございました!!

 

19 / 21« 先頭...10...1718192021