行政職員がブレイクスルーするために(1/5)2018.02.23

先日、新潟県庁でOMO Niigataという会にコーチとして参加しました。

OMO Niigataとは、自治体職員が2泊3日である一人の人を幸せにするためにどうしたらよいか?

という事を考えて予算100万円以内で出来る施策を考えるという会です。

ある一人の人を想定しつつ、全体に波及する施策を考えるというのは、商品を販売するのにある特定の理想の見込客(ペルソナ)を考えて、商品開発したりマーケティングをするのとよく似た考え方です。

このような考え方をする事で、より深く踏み込んだ形で議論が出来るようになり、かなり有益な会であったと思います。

コーチは各チームからリクエストされるのですが、私の事をリクエストしてくれたチームは一部に偏っていました。なので、リクエスト頂いたチームには結構時間を取って関わる事が出来ました。

最終的に私が一番長くコーチをしていたチームが優勝したのですが、コーチとして参加して、行政職員の方の考え方の傾向が見えてきました。そして、行政職員の方がブレイクスルーするためのポイントも見えてきました。

それは以下の通りです。

 

【行政職員の方の考え方の傾向】

①人に聞くよりも、つい自分の頭で考えようとしてしまう

②決まった枠組みから外れようとしない

③『ちょっと違う』とうすうす気づいているのに、過去の経緯等にこだわってそのまま進めようとしてしまう

④予算があるとその金額ありきで逆算して使い切る事を考える

⑤チャレンジよりも失敗を避ける方を選びがち

以下、今後5回に分けてそれぞれ補足していきたいと思います。

 

①人に聞くよりも、つい自分の頭で考えようとしてしまう

会場にはコーチやメンターが沢山いたにも関わらず、最初のうちは積極的に意見を聞こうとして来なかったようです。(私はコーチングタイムの始まる1時間前に来たのでコーチングタイムから入ったようなものなのですが、コーチングタイム以外でも自由に気軽に色々聞いても良いのに、他のメンターの人の話によると、あまり積極的にメンターやコーチを使ってなかったという意見がありました。)

また、一人の人を想定して考えるので、その想定した人に直接聞けばいいのになかなか直接電話したりしようとしてなかったというメンターの意見もありました。

確かに、実際に地域で活動していて、行政職員の方とお話していると、会議ばっかりしてないでもっと現地に足を運んだ方が早く的確な対応が出来るのに・・・と感じる事が少なくありません。

まず大前提として自分の頭で考えるというのは決して悪い事ではありません。ですが、自分の頭で考える際には、考えて判断をするための材料がそろっていないといいアイデアや的確な判断はできません。そして、その材料が集まってないのに考えるというのはいわゆる「下手な考え休むに似たり」という事になります。

「事件は会議室で起きているんではない、現場で起きているんだ!」とは踊る大捜査線の主人公青島刑事の名言ですが、まさに現場の状況を知らずして考えるのは残業だけ増えて意味がないので、是非現場に足しげく通う事をお勧めします。

例えば災害対応であれば、現地の被害状況や何が不足していてどういう対応が求められているのかといった事をその目で見る事で、的確な対応が出来ます。

また、日常の色んな分野の事についても、報告書だけでは伝わらない熱量や地域の人の想いなどの非言語メッセージから単なる正論では上手くいかない現実に対しての対応方法が見えてきます。

こういった観点では、行政職員の方がブレイクスルーするためのには、考える前に足で稼いで考えるための材料を集めるという事が重要であると思います。

考えるための材料がそろえば、会議も効果的に進める事が出来、1回あたりの打合せの時間も打合せの回数も減らす事が出来ます。

これはいわゆるカリスマ公務員と言われている方は自然に行っているように見受けます。

スーパー公務員として有名な木村俊昭さんの著書にも「町の色んな人の話を聞け」という内容が書かれています。(余談ですが、木村さんからはFacebookのメッセージで書籍を直接ご紹介頂き、感想を返信したりというやり取りをしたこともあります。)

<以下、木村俊昭さんの書籍>

   

 

 

 

 

 

地域おこし協力隊として私が活動していた時も飲み会は楽しい会であるだけでなく、地域の誰がどういう事を考えているのかという事を知るのに重要な情報収集の場でもありました。

現在、新潟県の地域政策課の方々とはお仕事でご一緒させて頂く機会も多いですが、新潟県の地域政策課の方は現場によく足を運んで下さっています。飲み会でも課長が率先して地域の人と一緒に飲んで飲まされていた事もありました。こういう姿勢が地域の人を動かしますし、私自身も心を動かされ、より一緒に仕事をしたくなりました。

外に出て色んな人を話をし、地域に住む人がどういう考え方をしているのかを知る機会を増やす事で、より自分の地域に必要な行政施策を考える事が出来る事と合わせて、地域の人との距離感も縮まります。

是非、現場第一主義でどんどん外に出てみて下さい。

 

本記事をご覧になってどのようにお感じになられましたでしょうか?

ご意見やお問合せがある方は是非下記のフォームからご連絡頂ければと思います。

 

次回は「②決まった枠組みから外れようとしない」について書いてみたいと思います。

 

地域おこしや地域での起業に関して役に立つ記事やお知らせをメールマガジンで配信しています。

https://www.reservestock.jp/page/step_mails/13770

ご興味がある方は是非ご登録下さい。

 

地域おこしが「自分事」になっているだろうか?2018.01.17

NPO法人地域おこし事務局長の多田朋孔です。

昨日、十日町市の地域おこし協力隊の全体定例会議に出席した時の事です。

十日町市では地域おこし協力隊の全体定例会議では各回に一人ずつ当番を決めて
活動発表を行い、最後にディスカッションのお題を出すようになっているのですが、
共有したいと思うことがありましたので、投稿させて頂きます。

今回発表した協力隊員のI君からは、
「あまりこういうのは良くないと思いますが」という前置きのあと、
最初は自分が新規就農するために、地域おこし協力隊の制度をたまたま
利用しただけで、特に地域おこしには関心があったわけではなかった。
という話が出てきました。

そんな中、2年目も終盤に差し掛かっている今では、地域の人から色々と
頼まれた事に対して愚直に応えてきたら、

「I君は何でもできるね」

と言われるようになり、個人で田んぼを借りて耕作した事により、地域の
人との距離がぐっと縮まったとの事でした。

地域の人から「もっと前からいると思っていた」と言われるようにもなり、
かなり地域の中に溶けこんでいっているようでした。

もともと定住して新規就農をする事が前提だったため、このような流れが
スムーズにできたのだと思いますが、このような状況になって、I君は自然と
自分が今後も住む集落なので、自分の住むところを少しでも良いところにしたい
という風に思うようになり、自分の集落での「地域おこし」に関心を持って
取り組むようになってきたという事でした。

これを聞いて、私はとても自然な流れだと思いましたし、自分も同じような感覚
でやっているので、地域おこしというのが自分のための事と地域のための事が
重なっており、とてもストレスなく取り組む事が出来ています。

実は、これは本当は当たり前の事だと思うのですが、意外と地域おこしという分野では
こういう状態になっておらず、地域おこしとして取り組まれている事と、地域の人が
望んでいる事がちぐはぐになっているケースがあります。

なんか地域おこしの取組みがスムーズに進んでないなと感じたら、

「自分が一住民として自分事として地域おこしの取組みを自然に行えているのか?」

という事を再度見直して頂くのが良いと思います。

そういう意味では、地域おこし協力隊という制度を上手く活用するためには
定住を希望する人を地域密着型で一住民として受け入れるという形をとるのが
実際に協力隊と地域の人が上手くやっていくためには難易度が低く、
地域おこし協力隊員が一地域の住民という風に感じづらい受け入れ方をすると、
(例えば、市街地のアパートに住み、役所の補助業務をさせられる等)
上手くいかせるのは難易度が高いという事を改めて感じました。

 

地域おこし協力隊は定住が全てではないですし、活用の仕方も自由度はあるので
こうしなければならないという正解はないかと思いますが、上記のような観点で
地域おこし協力隊の受け入れ方を考えてみるのも良いかと思います。

 

地域おこしや地域での起業に関して役に立つ記事やお知らせをメールマガジンで配信しています。

https://www.reservestock.jp/page/step_mails/13770

ご興味がある方は是非ご登録下さい。

明けましておめでとうございます、2017年の振り返りと2018年の抱負2018.01.01

多田朋孔です。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

折角ですので2017年の振り返りと2018年の抱負をここに記録しておきたいと思います。

2017年の抱負にはFacebookの投稿で以下の事を書いていました。

・池谷集落内にライスセンターを作り、集落での営農の体制を構築する
・飛渡の未来を創る会の取組みが無理なく一歩一歩前進するように関わる
・地方での起業/新規事業立ち上げについての一連の支援事業を形にする
・企業向けのサービスを開始する

これらの結果を見てみると、ライスセンターの件は未達成でした。また、農業の部分では不作で満足のいく収穫量が取れませんでしたので、集落の方々を含めて反省会を行いました。

飛渡の未来を創る会については無理なく取組みに関わっており、農業部会では沖縄へ出荷するお米の取組みは継続し、ポップコーン販売について生産者の方を募って販売先の確保を行いました。交流部会ではウェルネスツーリズムはモニターツアーを行い、新水集落の道楽神とハネッケーシは道楽神に使用するワラをうちのはざかけ米のものを提供し、ハネッケーシは競技形式で行いました。福祉・教育部会では、夏休みのプールの監視を行い、飛渡スポーツクラブに子供を連れて行き、春休みの子供教室のあわせおけさの会に参加しました。

地方での起業/新規事業立ち上げについての一連の支援事業を形にするという点については大きく前進し、ビジネスモデル・デザイナー(R)の講座をコンスタントに開催できたことや、総務省の地域おこし協力隊向け起業支援研修で講師として招かれるようになったり、起業に関して行政や商工会議所からの講師依頼が出てきたりと、少しずつ認知度が広がってきて声がかかるようになってきました。

また、ビジネスモデル・デザイナー(R)アワードを実行委員長として開催する事も出来ました。やはり、元々経営コンサルタントをしていたので、この手の事業は自分にとって進めやすかったように感じます。

企業向けのサービスを開始するというのは、上記ビジネスモデル・デザイナー(R)を通じて一部実施しました。また、有料職業紹介業の認可の申請を出し、今年の1月から開業できるような段取りをとりました。人事評価のサービスについては、セミナーを4回開催しました。

 

これらを踏まえて、2018年に力を入れるテーマは以下を考えています。

・池谷集落の将来を考えるワークショップを行う
・池谷集落内にライスセンターを作り、集落での営農の体制を構築する
・飛渡の未来を創る会ではウェルネスツーリズムを通年で行えるようにする
・ビジネスモデル・デザイナー(R)で新潟で本部とのモデル作りを行う
・移住相談からの職業紹介サービスを形にする
・企業向けのサービスを新潟NPO協会の理事有志と組んで実施する体制をつくる
・地域おこし協力隊のサポート体制を構築
・書籍の出版

結構やる幅が広いですが、連携する人と組んで役割分担をして行う事で、無理なく進めて行きたいと思います。

 

無料のメールマガジンもやっていますので、興味がある方は是非登録してみてください。

『限界集落再生の地域おこし』

https://www.reservestock.jp/subscribe/60772

限界集落を再生した経験から、地域おこしに必要な事を整理してメールでお届けします。

 

『ビジネスモデル発想メール講座(BMD認定講座 3級)』

https://www.reservestock.jp/subscribe/61023

競合ゼロのビジネスモデルを発想するための方法論を論理的にメールで学ぶ事が出来る通信講座です。

新米を食べる会を開催しました!2017.12.21

事務局 福島です。

ご報告が随分と遅くなってしまいましたが…11月18日に「新米を食べる会」を開催しました!

 

まず、大根の収穫体験!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、サツマイモの収穫!

 

 

 

 

 

 

 

 

山の湧水で大根あらい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集会所に移動して、村お母さんと料理作り!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薪ストーブで新米を炊きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに!? サツマイモも焼いて、焼き芋に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまあま、うまー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、お楽しみの懇親会!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炊きたての新米♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんとおいしいおいしい新米と料理を食べ、懇親を深めることができて大変楽しかったです!

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました☆

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

▼クリック寄付、ご協力よろしくお願いします!

 http://gooddo.jp/gd/group/iketaniiriyama/

▼NPO地域おこしを応援するには、賛助会員にぜひ!

賛助会員

▼池谷の山清水米、加工品の購入はこちら!

 http://shop.iketani.org/

池谷東京ヨリアイを開催しました!2017.08.03

事務局 福島です。

7月22日に、「池谷東京ヨリアイ」を開催しました!

http://iketani.org/event/2017tokyo-iketani-yoriai/

 

 

当日の朝、車に乗り込んでしゅっぱーつ!

山本代表、つぐらのお母さん、民宿かくらのお父さん、森さん、福島で車に乗っていきました。

多田事務局長は、前後の日程で用事があったので現地合流。

別で、佐藤可奈子さんも十日町から参加してくださいました。

 

飯田橋にある貸し会議室に、22人の方がお集まりくださいました。

会場選定には、長年ご支援いただいている増田雅一さんに大変お世話になりました。ありがとうございます!

 

まず、山本代表から今までの活動の簡単な経緯、現在の村の方の様子、村の様子について説明いたしました。

 

村の方たちも80歳を迎え、農業を続けるのが困難になってきたこと、また「めぶき」に住む独身男性3人が結婚した際に住める家が池谷集落にないことなど、まだまだ課題は多くあります。

その課題を解決していくためにも、NPO地域おこしがより安定した運営ができることが重要です。

 

今回「池谷東京ヨリアイ」を開催したのは、首都圏に住む支援者の皆様と一緒に、NPO地域おこしが今後どのようにしていくかを考えたいと思って、開きました。

昨年開催した「ありがとうの会」は、パーティー的な要素が強かったので、その進化バージョンといったところでしょうか。

ありがとうの会の様子→ http://iketani.org/2016/07/27/20160727/

ちなみに、「ありがとうの会のようなパーティーは今後やらないのか?」とご質問もいただいたのですが、前回はなんとか補助金をもらえた関係もあり開催できましたが、今後はNPOの全額負担となるため、現在の資金状況では開催が難しいという状況です。ご理解いただけると幸いです。

 

さて、山本代表からお話させていただいたあと、この3つのテーマごとにグループに分かれ、それぞれ話し合いました。

・山清水米を購入してくれる人を増やす方法について
・新しい寄付商品について
・NPOの賛助会員を増やす方法について

 

 

それぞれのグループでワイワイと盛り上がっていました!

私は「賛助会員を増やす方法」のグループで進行役をさせていただいていましたが、「そもそも賛助会員という名称がわかりづらい!」といった率直なご意見や、「人数の目標を決めてHPで公開したら?」というすぐにでも取り入れたいアイディアなどをいただきました。

特に「新しい寄付商品」のグループは、今まで取り掛かっていないことな分、いろーんなアイディアが出たようで盛り上がっていました!

「山清水米」のグループに参加された方にあとで聞いたところ、「なかなか難しかった…」という感想をいただきました。お米は全国的にも消費量が減っていますし、海外輸出にも色々と規制があるので、起死回生の策を考えるというよりも、地道にお客様を増やしていくしかないのかもしれないですね。

 

会の最後には、それぞれのグループが出た意見を発表しました!

 

首都圏の支援者の皆様と実際にあってお話することで、どんな風な考えや思い、ニーズがあるのかなど、改めて知ることができ、大変有意義な会になりました!

今回いただいたご意見、アイディアを少しずつ実現していきたいと思います。

 

池谷東京ヨリアイ後は、会場を移し懇親会を行ないました!

 

場所は、神楽坂の「和菜れとろ 別亭 むすび」さんです。

https://r.gnavi.co.jp/fd6h3ya20000/

魚沼・十日町の食材を提供してくれる居酒屋さんです!

 

懇親会もワイワイと盛り上がりました!

 

ちなみにお店のご好意で、池谷の食材を料理で出していただきました!

掘ったばかりのじゃがいものフライドポテト。

 

ニンニクの丸揚げ。

 

山菜炊き込みご飯!

 

たくさん炊いたので、残りはおにぎりにして持ち帰っていただきました。

 

ちなみに、山菜炊き込みご飯の素は現在特別価格で販売中です!!

単品 http://shop.iketani.org/shopdetail/000000000081/ct31/page1/price/

10個セット http://shop.iketani.org/shopdetail/000000000082/ct31/page1/price/

在庫がなくなり次第終了で、今後製造の予定はありませんので、ぜひこの機会にお買い求めください!

 

話がそれましたが笑、そんなこんなで楽しい時間はあっという間。

また皆さんとお会いすることを約束して、十日町への帰路につきました。

 

 

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!!

 

▼クリック寄付、ご協力よろしくお願いします!

 http://gooddo.jp/gd/group/iketaniiriyama/

▼NPO地域おこしを応援するには、賛助会員にぜひ!

賛助会員

▼池谷の山清水米、加工品の購入はこちら!

 http://shop.iketani.org/

2 / 1912345...10...最後 »