平成30年度総会を開催しました2018.06.29

こんにちは!イベントなど開催報告担当の森です。

 

6月16日にNPO法人地域おこしの理事会、総会を開催しました。

 

 

 

昨年の総会では農業部門の大幅赤字による赤字決算など、NPOの運営そのものに不安を感じさせてしまうような報告をせざるを得ませんでした。

しかし、それを受けて昨年度は業務改善を行い、最終的な決算が黒字となったことを先日の総会では報告することができました。

また、数年越しの計画となっているライスセンターの建設に向けて、資金調達の方法についても説明を行いました。池谷入山の農地集約に向けて、我々集落の次の担い手が農地を守っていく上で必要不可欠な施設であるため、なんとか今期中の着工、来期からの本格稼働を目指しています。

 

 

総会の後は恒例の懇親会です!!今回は初めて飲み会の司会進行をさせていただきました

 

おひらきになった後も話が終わらず、なかなか帰ろうとしないのは池谷あるあるです▽

ともあれ、NPOの存在意義の一つでもある
条件が不利な中山間地域の農地を受け継ぐ受け皿として機能する。という、

この避けては通れない課題に対して、組織として一定の結果を出すことができたのではないかと安堵しています。

集落の農家が80歳を超えて、今後ますます引き受けなければならない農地が増えていくことになるなど、今がまさに集落存続のための重要な過渡期と言えます。

でもきっと、今年一年が勝負の年となるということで、毎年毎年今年一年がっ!と言いながら毎年生きていくことになるのだな。と思いつつ頑張っていきます。

 

BBQ in いけたに 開催しました!2018.06.18

こんにちは!農作業担当&イベント開催報告担当の森です

4月から毎月開催していますBBQinいけたにですが、6月9日に第三回目の開催をしました!

BBQ in いけたに(4/21、5/12、6/9、7/7)

      △今回もたくさんの参加者の皆様で盛り上がりました!

しかしこのポーズ、どこかで見覚えが・・

 

そして今回も初級バーベキューマスターの私は焼き焼き係です。

にも関わらず、BBQなのに肉の写真を撮り忘れるという失態をおかしました汗

そして写真はブレブレです汗汗▽ 

ビールサーバーで今話題の妻有ビール飲み放題!そしてジビエ食べ放題!そんな幸せな時間を過ごしました

 

 

▽今回はBBQ終了後農作業体験付きです

さつまいもの苗の植え付け!

みんなでやるとあっという間ですね!

わきあいあいと楽しく作業できました

 

 

次回は7月7日に開催します!奮ってご参加ください

 

ブナ林ウォーキング JA十日町女性部の方々が50名ほどいらっしゃいました!  2018.06.18

こんにちは!農作業とイベント開催報告担当の森です。

池谷には素晴らしいブナ林があります!もしかしたら知らないと言う方もいらっしゃるのでは??
みなさん池谷のブナ林にいらっしゃったことはありますか??

そんな知る人ぞ知るブナ林に目をつけていただき、JA十日町女性部の方々が恒例のトレッキングイベント会場に池谷を選んでやって来てくださいました。参加人数はなんと総勢50名ほど!池谷の瞬間人口密度が5倍(?)くらいに膨れ上がりました。

 

▽池谷集落からブナ林までの道のりはちょうどいいトレッキングコースになっていて、6月のちょうど良い天候の中、歩いて行くのはとても気持ちが良かったです

▽途中にはこんな見晴らしのいい場所もあったりします

▽多田事務局長によるトランペットの独奏会でみんなで合唱をしたり、実は整体師の私のレクチャーで経絡調整体操なんていうこともさせていただきましたが、そちらは写真が、ありません(泣)

 

ブナ林トレッキング、おすすめです!

田んぼへ行こう!!~田植え編~ に参加しました2018.06.08

 

田んぼへ行こう!!田植え編の参加者から、感想をいただきました!

 

最高の田植え日和!

初夏のような強い日差しと抜けるような青空のもと、
『みんなの棚田』の田植えに参加させていただきました。

山の木々の深い緑、水面に揺れる太陽の光、吹き抜ける風のにおい、
その中を元気に走り回る子供たちの声。

おだやかに流れる時間とともに身も心もリフレッシュ。
こんな心地よさと充実感は、東京の日常でなかなか味わえないものでした。

この日は家族連れの参加者も多く、みんなワイワイ楽しそうに田んぼの中に足を踏み入れてゆきます。
少しずつ少しずつ小さな苗が並んでゆく田んぼを眺め、みんなの顔にあふれる達成感!

世代を越えて受け継がれてゆくべき風景って、きっとこんななのかもなあ…

みんなの手によって植えられたひとつひとつの苗が、秋に豊かな穂を実らせるように
そして池谷集落のこのステキな取り組みが、やがて大きな実を結ぶように

『みんなの棚田』の名前に込められた大切な思いと強い意志をあらためて噛みしめつつ、
その輪にほんの少しだけでも関われていることに喜びを感じる幸せな週末。

本当に楽しい1日を、ありがとうございました!
故郷みたいな池谷に、また帰ってきますね。

 

飛渡地区ふれあい運動会は欠かせない地域行事2018.06.06

14集落が集まる飛渡地区の運動会に参加して来ました。

各競技白熱した勝負が繰り広げられ、熱い1日でした!

 

やっぱり勝負事は勝たないと楽しくありませんよね。でも今年も優勝できなくて、⤵︎とっても残念です。

 

△大玉運び 不安定な木枠で大玉を運んで走るとってもシンプルだけど手に汗必至の競技です

△ご存知! 綱引きです 勝つと嬉しい競技ランキングの最上位競技です!ほんと間違い無いです。でも今年は負けてしまいました。技術を指導してくれるコーチがほしいです。

 

△組体操は運動会になくてはならないです。体が大きい方だったので私は一番下の土台意外やった事ないです!上に乗ってみたいなと思いますねー。気持ち良さそうなのですよね。

 

△玉入れです! 説明はいりませんね。ザ・運動会って感じです。全然はいりませんでした。入る気がしません。

△大玉送り 私はこういうのやった事なかったのですが、結構楽しいです。今年は勝ったから余計にそう思います。

 

△運動会終了後は毎年恒例慰労会!今年は新任の先生が池谷集落の慰労会に参加してくださいました。

あの競技はあそこでお前が水をこぼさなければ余裕で勝てたのに!と叱られました。

 

 

飛渡第一小学校を会場にして、毎年開催されるこのふれあい運動会は、相当な長い歴史があり、ずっと以前からまさにこの地域のふれあいの場として欠かす事のできない地域行事として続けられてきました。

今年度の全校児童数11名と小所帯の小学校ですが、ユネスコスクールに認定されているように、教育活動が社会的に評価されている十日町が誇る小学校です。

私が通った小学校は全校児童が1000人を超えていましたので、学年全員どころか、クラス全員の顔と名前を覚えるだけでも大変なのですが、飛渡第一小学校では全員が本当の兄弟のように過ごしていて、年齢を超えた人間関係構築の実践にはもってこいだなと、個人的にそう思います。

この運動会は小学校の運動会と合わせて、地域のふれあい運動会という形で開催されていますので、小学生の競技と、地域住民の競技が交互に開催される形でプログラムが進行していきます。

こういうところもこの行事のいいところだなと、個人的には思います。学校単体の運動会では地域住民の参加はあまりないでしょうし、地域の運動会では小学生だけの競技はあまりないでしょうから、なんともごちゃっとした感じが私は好きです。

地域の住民が集まって、行事をを行うということ自体、日本各地で失われていっている事なのではと思うのです。ずっと続いていってほしいなと、そう思うのです。

3 / 2312345...1020...最後 »