隠居さんに聞く!タバコ栽培の話がおもしろい2017.03.27

事務局 福島です。

3月も末になりましたが、まだ池谷では雪が降っています…。

(3月24日の朝の様子)

暖かくなったり、寒くなったり、なかなか気が抜けないですね~。

 

さて、先日お米通信 No.122で隠居さんから聞いた昔の除雪や冬の行事の話をご紹介しました。

実は、この他にタバコ栽培の話も聞いたのですが、紙面の都合上なくなく割愛…。

というわけで、ブログの方でご紹介したいと思います!

 

改めて、お話をうかがったのは、庭野功(つとむ)さん、ヒサさんご夫婦。

功さんは池谷集落生まれ・池谷集落育ち。普段は無口で控えめな方ですが、ポロっと出る言葉が面白く、そして記憶力抜群で昔のことをスラスラと教えてくださいます。

ヒサさんは、十日町市内の中手(なかて)集落からお嫁にきました。功さん同様控えめですが、明るくて笑顔がチャーミング☆

屋号が「隠居」なので、村の中では「隠居さん」と呼ばれています。

屋号という風習は、日本全国の地域でよくみられると思いますが、十日町でもまだまだ根強く残っています。ちなみに、私が今まで聞いた中では「隠居」がよくある屋号No.1です笑

 

お二人に話を聞いているうちに、村の人が「葉タバコ」の栽培をやっていたころの話にもなりました。

タバコはナス科タバコ属の分類で、アメリカ大陸が原産地。JTのサイトによると、日本原産種もあり、現在も31の県で栽培されているようです。

JTウェブサイト https://www.jti.co.jp/tobacco/knowledge/process/index.html

 

池谷集落でも農協の指導があり、村の人が若かった頃、葉タバコの栽培は盛んに行われていたそうです。

池谷集落は魚沼産コシヒカリの産地とはいえ、耕地面積の限られた棚田での稲作だけでは一家を養う収入が十分には得られないため、葉タバコや銀杏などほかの作物も栽培していました。

いやはや、池谷の人たちは色んな経験を乗り越えてきたんだなぁと改めて思います。

 

(ヒサさん)葉タバコは、昔は「ケンカ草(ぐさ)」なんて言ったりしたね。「タバコ作ると忙しすぎてケンカする」なんて言ってさ。

 

(功さん)いや、本当だったねぇ。雪が消える前から雪が降るまで約1年中、タバコ、タバコ、タバコだったねぇ。

 

手作業なんだんがねぇ(=だからねぇ)。苗を植えたり、夏は下から一枚ずつ(葉を)かいて(=収穫して)いって、縄にさして。それから、ビニールハウスの中にみんなぶら下げて…。雨がふるとかぶれるし、生ものだからねぇ。天気がよすぎて急に乾くのもダメだっていって。面倒で、難しかったねぇ。

 

収穫の最盛期はちょうど、中学生や高校生が夏休みの時だから、収穫した葉タバコを縄にあむアルバイトに来てもらう家もあったね。3~4メートルくらいの縄で、一連いくらでお金を払ってさ。だいぶやってもらったねぇ。

 

一連編むといくらになるっていって、一生懸命に競争してやってたねぇ。

 

夏はタバコもやって、田んぼの草刈りもやってねぇ。秋になると、乾燥した葉タバコを縄から外して、いいやつと悪いやつを仕分けて、梱包して、秋雪の降るちょっと前に、小千谷の集荷場に運送会社の車で出して。収穫が終わると、雪がふるころでね。

 

(福島)それじゃあ、田んぼもしなきゃいけないしで大変ですねぇ!

 

そうそう、だから「ケンカ草」っていったんだよ。

 

そりゃケンカもしますね! 男の人も大変だけど、女の人も家のことも子育てもしてだから、かなり大変ですよね。

 

そういう作業内容をふせておいて、嫁にもらったもんだから…笑。

 

そうだったんですか!笑

 

どこの母ちゃん連中も「だまされた」って言ってね笑。 いやー、今になってみると笑い話だね笑。

 

(笑)

 

たしかにそんなに大変だったら、「だまされた」と言いたくなりますね苦笑 それでも、50年以上連れ添っている隠居さん夫婦は本当にすごいです…!!人生の大先輩から学ぶことは、本当にいっぱいです。

村の人の話は本当におもしろいので、これからもたくさん聞いて残していきたいと思います!

 

越後妻有 雪花火にポップコーン出店してきました!2017.03.10

 

事務局 福島です。

3月に入ってから暖かい日が増えてきましたが、今週はまとまった雪が降り冬に逆戻りしてしまいました。

 

さて先日、3月4日に行われた「越後妻有 雪花火」にポップコーンの出店に行ってきました!

「大地の芸術祭」のイベントの一つとして行われる雪花火。昨年までは川西地域のナカゴグリーンパークで開催されていましたが、今年は当間(あてま)にあるリゾートホテル「ベルナティオ」に会場が移されました。

 

当日は昼過ぎに会場入りして、セッティング。

準備が落ち着いてお客様が入るまで、少し会場をウロウロしました。

準備終わって、開場までまったり。

 

屋台ブース。市内の飲食店など、22店舗がずらーり。

 

会場では、ボランティアスタッフさんたちが「光の花畑」の準備をしてました。

雪原を埋めつくるサークルの数にただただ圧倒されます。

 

何してるのかなーとしばらく観察していたところ、光の種(LEDライト)を花畑に植えていたみたいです。

 

ながーい筒に通して、種をサークルの色んなところに植えてました。

この様子を見るだけでも、おもしろかったです!

 

ブースに戻ると、お隣さんが雪像を作っていました。

 

完成。即席とは思えない出来栄え!

みんな記念撮影したりしてました。うーん、さすが十日町民はやることが一味違うぜ…!

 

開場の17時前になると、会場スタッフの方が「開場30分前から来場者の長蛇の列ができていて、大変なことになってます!」と言っていました。

会場を「ベルナティオ」にうつし広くなって、その分、来場者数も倍ぐらいになったのではないでしょうか?? 首都圏での宣伝もずいぶんやっていたみたいですし!

いやー運営スタッフの方、本当お疲れさまです…!!

 

さて、いよいよ17時に開場し、続々と屋台ブースにお客さんがいらっしゃいました!

なんと…想像以上の人だ…!!!  すごい、すごすぎる…!!!!

 

…といっても、最初の30分くらいは、隣のピザ屋さんとか他の店は行列なのに、私たちはほとんどポップコーン売れなくて、ちょっと泣きそうでしたけど(苦笑)

そうだよね! いきなりポップコーン食べないもんね! 最初はあったかいもの食べたいよね!! わかるわかる!!

その後、ちゃんと巻き返せたのでホッとしました笑

 

19時からは、ついにメインの「雪花火」!

音楽に合わせて花火があがる、ミュージックスターマインを楽しみました。

屋台ブースからも、なんとか見えましたー(*´▽`*)

左下にうつりこむカオナシww

 

3尺玉ー!(ちょっと煙の中で残念でしたが)

2尺玉も、間に2発ぐらい入っていたと思います。

やっぱり尺玉は、トントンとあがっていく過程が「おお、来たぞ…!」って感じでワクワクしますね。別格です。

 

You Tubeに美しい映像をアップされていた方がいたので、ご紹介します!

 

近くで見ると大迫力ですね…!! 見上げている首が痛くなるぐらいの近さです。

そして、想像以上に時間も長くてびっくりしました。

 

大迫力の花火の後、屋台は20時までですが、客足も落ち着いたので「光の花畑」を見に行ってきました。

これがもーーーー本当に綺麗でした!!!!

幻想的な雰囲気に、うっとり…♡♡

これは、ぜひ実際に来て見てもらいたい!!!

 

会場にはこんなボードがあり、来場者の方がどこから来たのかシールを貼るようになっていました。

世界中から、日本中からお越しいただいているみたいです! 本当にすごいなぁ~~~!!

 

地元で、こんなに素敵な催しが開かれているなんて、本当に嬉しいですね!

また来年も開催されると思うので、ぜひご興味のある方はいらっしゃってください!

本当に本当にオススメです!

 

今年も十日町雪まつりにポップコーン出店しました!2017.02.21

事務局 福島です。

2月17~19日に行われた「十日町雪まつり」の、コミュニティひろば(十日町高校グラウンド)で、ポップコーンを販売しました!

去年に続き、2回目の出店です。

十日町雪まつりにポップコーンを出店してきました!

去年は雪が少なかったので、ひろばはいつもの半分の広さでしたが、今年は例年通りの広さでした。

正月頃は雪が去年以上に少なくてハラハラしたものですが、なんとか雪が降ってくれて良かったです。

 

 

初日の17日はあいにくの雨でしたが、18、19日は午後から晴れてくれて、たくさんのお客様が来てくださいました!

私たちのお店にも多くのお客様が来て下さり、19日は機械の製造が間に合わないほどでした。

(お待ちいただいた方、諦めて帰られた方、大変申し訳ありませんでした。。。)

去年は天候が悪く売上もソコソコだったので、天候にかなり左右されるんだなぁと実感しました!

 

 

3日間長時間にわたる出店で、みなほどよい疲労感でしたが、大変楽しませてもらいました!

 

多田事務局長&福島(ひろばに出店していた知り合いが撮ってくれました!)

 

次は、3月4日の「越後妻有 雪花火」に出店が決まっているので、今回の教訓を活かしたいと思います!!

ぜひご来場、ご来店お待ちしております☆

 

当番終了後、コミュニティひろばをウロウロしたので、少しご紹介ヽ(●´ω`●)ノ

 

子どもたちに大人気の、スノーチュービングスライダー。

 

十日町青年会議所渾身の雪の入口の中には、雪上茶室が。

 

お抹茶サービスもありました。

 

他にも、コミュニティひろば内ではクロスカントリーのデモンストレーションや、ツマリアンバレー大会、ヒーローショーなど盛りだくさん!

「十日町雪まつり」はコミュニティひろばだけでなく、市内の各地でおもてなしのひろばがあったり、雪像があったり、アーティストが出演する「雪上カーニバル」があったりと、とにかく楽しいことがいっぱいです!

ぜひ来年は遊びにきてくださいね(´∀`*)

 

 

雪国でかまくらを作って呑もう!の会の様子2017.02.16

 

事務局 福島です。

2月11日に、「雪国でかまくらを作って呑もう!の会」を開催しました。

近くは十日町市内から、遠くは大阪から11名の方が参加してくださいました!

 

午後に集合しオリエンテーションをした後、さっそくかまくらを作り始めます。

池谷集落の近くにある轟木(とどろき)集落から、かまくら作りの先生が5人来てくださいました。

 

大人数が入るので、安全を考慮して屋根はブルーシートにしました。

ちなみに、十日町弁ではかまくらのことを「ほんやら洞(どう)」と言います。

小正月の行事「鳥追い」で歌われる唄の歌詞の中に「ほんやら、ほんやら、ほーいほーい」とあるのですが、そこから来ているらしいです。(何かの呪文みたいですね・・・)

1時間半ほどで、完成しました。

 

4~5人入れる小さいかまくらも、手掘りで作りました。

 

作業後は、自由時間。

お風呂に入ったり、お散歩したり、おしゃべりしたり、つまみ用のギンナンを炒ってもらったり、多田事務局長が釜炊きご飯を作るのを見たり…。

 

夕飯は、池谷集落で採れた野菜をメインにしたお鍋を楽しみました。

つゆは市販のものだったのですが、お野菜と地元ブランド豚の妻有ポークの甘味がしみだして、めちゃめちゃおいしかったです!

 

ご飯は、もちろん「山清水米」! こちらも絶品♪

 

そして夕飯後は、お待ちかねのかまくらでの飲み会♪

 

この日は大変冷える夜でしたが、「思ったよりもあったか~い!」と皆さんが驚くほど、かまくらの中は暖かかったです。

参加者の方が酒粕でチャイを作ってくださったり、日本酒に舌鼓をうったり、賑やかな飲み会でした♪

 

「とっても楽しかった! また来年もぜひやってほしい!!」と嬉しい声をいただきましたので、ぜひ冬の定番イベントにしていけたらと思います☆

ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた轟木集落の皆様、どうもありがとうございました!!

 

 

==================

 地域おこしの仲間募集中!

 池谷・入山集落の自慢のお米!

==================

 

池谷雪かき道場の様子~後半2017.02.14

 

事務局 福島です。

1月28~29日に、池谷雪かき道場を開催しました!

▼前半の様子はこちら▼

池谷雪かき道場の様子~前半

 

二日目の作業も、雪かき体操からスタートです。

 

中級は、命綱をつけて池谷分校の屋根の雪おろし。

 

 

初級の皆さんは、鳥小屋(今は鳥はいなくて、ヤギのおうちですが…)の裏に落ちた雪の片付け。

 

 

そのあと、かんじきを履いて分校のまわりをトレッキングしました。

 

 

雪の上にあるけものを足跡を観察したり…。

 

 

高台まで上って、物思いにふけったりしました。

 

 

分校が眼下に見下ろせます。

 

 

2日間のプログラムが終わり、受講終了した皆様には「認定証」をお渡ししました。

 

 

「認定証」を受取り、嬉しそうな皆さん。

しかし、雪かき技術の習得は一日にならず。

来年もぜひ技術の向上を目指して、ご参加いただけるのをお待ちしております!

2日間、どうもありがとうございました!!

 

 

 

3 / 1812345...10...最後 »