池谷雪かき道場の様子~前半2017.02.01

 

事務局 福島です。

1月28~29日に、池谷雪かき道場を開催しました!

 

池谷雪かき道場は、NPO法人中越防災フロンティアが開催している「越後雪かき道場® 」からのれん分けしてもらった、雪かきを安全に行うための指導を行うイベントです。

初級コース3名、中級コース3名が参加してくださいました。

そのうち4人はリピーターさんで、2名は昨年も雪かき道場に参加してくださった方です。

 

まず、山本師範代から「指南書」を使って除雪の心得について講習です。

 

 

その後、「雪かき体操」で準備運動をして初級コースと中級コースに分かれます。

初級コースは、多田師範代からかんじきの履き方、スコップ・スノーダンプの使い方のレクチャー。

 

かんじきの履き方は、つぐらさんからも教わりました。

 

かんじきが脱げないように、雪を歩きます。

 

雪かきの必需品、スノーダンプの使い方の練習。

スノーダンプは十日町発祥の「クマ武」です。

 

早速、スノーダンプでの雪かき実践!

隠居さんの小屋裏にたまった雪を片付けます。作業が終わったあとは、御礼にお茶をいただいたそうです。

 

中級コースは、まず命綱の結び方レクチャー。

 

昨年に続き、十日町市で活動しているNPO法人ネットワークぼうさいの尾身代表からご指導いただきました。

屋根に上っての除雪作業は、慣れている人でも危険な作業。命綱は面倒かもしれませんが、命を守るためには大切なことです。

 

実際に雪にアンカーを埋め、命綱をつけて除雪を行いました。

1日目の講習の終了後、自由時間をはさみ、夕飯を食べ、お待ちかねの交流会!!

 

池谷集落の皆さんにも来ていただき、わいわいと楽しみました☆

以前は集落のお父さんたちも雪かき指導に来てくださっていましたが、高齢となり体調の都合もあって、来れる方だけ交流会に来ていただいています。

 

 

それから、恒例の雪かきの心得を楽しく学べる「雪かきカルタ」も行いました。

道場版雪かきカルタの特徴は、まず一回目は普通に読み、二回目はなんと下の句から読みます。

なので、雪かきの心得が自然と身につくんですね。

雪かきカルタ歴6年目!の小学3年生の多田家長男が、大人顔負けの記憶力を披露し見事1位をとっていました☆

意味は分からないながらも、はしごの「たもと」もちゃんと覚えていましたよ!すごい!

 

二次会もかなーり盛り上がり、なんと最後まで残った人は午前2時まで楽しんでいたそうです!!

今回はお酒が強い人が多かったですねー笑

 

池谷雪かき道場レポ、後半に続きます!

 

最強寒波の積もりっぷりを比較してみました。2017.01.18

 

事務局 福島です。

あけましておめでとうございます。

今年はじめてのブログ投稿です。

 

1月11日からの最強寒波で、それまで全然雪がなかった池谷集落もあっという間に雪まみれに。

全国ニュースで十日町市もよく取り上げられていたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもですね。

一日に30~40センチ積もるドカ雪だったので、さすがにちょっとげんなりはしますが、雪国に雪が降るのは当たり前。ご心配にはおよびませんよ~。

雪が必要なスキー場関係者や除雪業者、雪イベント関係者は大喜びだったと思います。

かくいう私たちも、1/28~29に「池谷雪かき道場」2/11に「雪国でかまくらを作って呑もう!の会」を開催するので、雪が降ってくれて大助かりでした。

どちらもまだ参加者募集中なので、ぜひ雪まみれの池谷を見に来てくださいね!

 

さて、ではどれだけ雪がなかったところに降ったのか、比較してみましょう。

 

hikaku_0106

 

年明けは、不気味なくらい雪がありませんでした。

積雪10センチくらいでしょうか…。

 

11日から雪が降り始め…。

 

hikaku_0111

 

あっという間に積もり出しました。

 

hikaku_0113

 

大雪すぎて、同じ角度から撮れない…(´Д`;)

 

hikaku_0116

 

5日で、なんと10センチから積雪1メートル50センチほどに!

(積雪量から見れば、まだまだ小雪な方ですが)

 

分校の屋根の雪おろしをしたので、ますます雪まみれになりました。

 

hikaku_0118

 

今日は一週間ぶりの晴れですが、これからの予報にはまた雪マークがついています。

生活には大変な雪ですが、先シーズンは小雪だったので水不足だったり、山菜の時期が早まったりしてしまい、やはり雪国に雪は必要なんだと感じました。

ぜひ雪国を楽しみに、来てくださると嬉しいです!!

 

☆*──────────────────────────────────────*☆

*池谷集落の冬のイベント*

 1/28~29 池谷雪かき道場

 2/11 雪国でかまくらを作って呑もう!の会

☆*──────────────────────────────────────*☆

よいお年をお迎えください!2016.12.28

 

昨晩降った雪で、約10日ぶりの雪景色になりました。

 

img_6962img_6963

去年に引き続き、今年も小雪でしょうか…?

やっぱり豪雪地の冬には、2メートルくらいの雪が欲しいものですね。

さて、実行委員会は今日が仕事納め。年明けは4日から仕事始めです。

2016年も多くの方にご支援いただき、誠にありがとうございました。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

☆*──────────────────────────────────────*☆

*池谷集落の冬のイベント*

 1/28~29 池谷雪かき道場

 2/11 雪国でかまくらを作って呑もう!の会

☆*──────────────────────────────────────*☆

 

収穫祭~わかもの×コラボ=地域力創造作戦会議~ 開催しました!2016.11.25

 

11月12日に、「収穫祭~わかもの×コラボ=地域力創造作戦会議~」を行いました!

秋晴れの中、市内から県外の方まで幅広い方にお集まりいただきました。

オープニングパフォーマンスは、十日町市内で活躍中のバンドグループ「まめかい」の皆様!

 

img_6758

img_6756

 

ハイクオリティな演奏で、会場を盛り上げてくださいました!!

そして、新企画「わかもの×コラボ=地域力創造作戦会議」。

 

img_6760

 

ファシリテーターは、株式会社toiz 大塚眞さん。

学生起業し、十日町移住2年目にしてあらゆる移住イベントにひっぱりだこの若手ホープです。

 

パネラーには、市内でご活躍されている3名の方に来ていただきました。

まず、アートイベントのパイオニア「大地の芸術祭」を運営する、NPO法人越後妻有里山協働機構 飛田晶子さん。

「大地の芸術祭」の運営ボランティアから十日町に移住し、作品の管理をされています。

 

img_6769

 

2人目は、公益社団法人十日町青年会議所 第60代理事長 馬場大和さん。本業は十日町タクシーさんです。

十日町青年会議所は、十日町雪まつりのメイン会場の一つを運営したり、今年は日本初!?のローカルアスロンを開催しました。

 

img_6771

 

3人目は、源太寿司代表 村山寛和さん。

細工寿司のライブ制作をしにイタリア・ミラノに行ったり、猟師としても大活躍の寿司職人さんです。

 

img_6773

 

コメンテーターは、実行委員会事務局長であり、総務省地域力創造アドバイザー 多田朋孔でした。

前半はパネラーの方の話を聞いていただき、後半は会場のみなさんも参加!

パネラーの方とコラボしたいこと、アイディアをどんどんと出していただきました!

 

img_6777

 

会場から意見が出なかったらどうしよう…という心配は、杞憂でした!

「ヤギを飼育しているから、ヤギ肉を流通させたい」「カーシェアリングがあったらいいな」

中には愛知県からわざわざ来てくださった方もいて、「愛知と十日町でコラボしたい!」という意見も。

パネラーのみなさんから専門的なご意見をいただきながら、わくわくするアイディアを考えることができました☆

 

さて、「わかコラ会議」のあとは、お待ちかねの懇親会!!

集落のお母さんや手伝いに来てくれた女性たちが、腕によりをかけて作った料理がテーブルを彩ります。

 

img_6780

 

十日町の宴会には欠かせない「天神囃子」は、今年から多田さんが音頭取り。

音頭取りも後継者にバトンタッチされました。

 

最後には、会場のみんなで「十日町小唄」を踊りました!

 

img_6784

img_6786

img_6787

 

会場のみんなが一体となり、大変盛り上がりました!

二次会は参加できる方で、まったりと行いました。

 

img_6789

 

最後に、今回のお料理を一部ご紹介!

 

img_6763

img_6767

img_6766

 

地元野菜やお米をふんだんに使いました!

皆様に美味しい美味しいと食べていただき、大変嬉しかったですヽ(●´ω`●)ノ

 

☆*──────────────────────────────────────*☆

池谷・入山の棚田で育った魚沼産コシヒカリ「山清水米」販売中!

http://shop.iketani.org/

 

池谷・入山の情報をお届け!! メールマガジン「池谷・入山通信」登録受付中♪

https://f.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=chiikiokoshi

☆*──────────────────────────────────────*☆

 

 

田んぼへ行こう!~稲刈りと新米と妻有ポークと~の様子2016.10.28

 

10月8日に、「田んぼへ行こう!!~稲刈りと新米と妻有ポークと~」を行いました!

県内・県外から21人の方に参加していただきました♪

雨がパラつくあいにくの天気でしたが、前半は手刈りでの稲刈りをしました。

 

img_9139

img_9161

img_9192

 

稲刈り初めての方が多かったかな?

ワラで稲をまるける(束ねる)方法を、先生から入念指導!

 

img_9267

img_9268

img_9197

img_9211

 

皆さん、黙々と作業!

田んぼの畦で遊んでいたお子様たちも、稲を運ぶ時にはお手伝い☆

 

img_9292

img_9303

 

刈り取った稲は、稲架(はさ・はざ。“はって”とも呼びます)にかけて自然乾燥させます。

ここらでも珍しい10段以上の高~いはざ!

 

img_9330

 

入山集落出身の山本又司さんから、はざについて説明してもらいます。

このはざに使っている縄は、100年以上使われているんだとか!

 

img_9332

 

下の方の段は、楽に届きますが…

 

img_9334

 

上の方になると、ハシゴで登り、下から稲を投げあげて渡します。

入山名物!?又司さんの職人技が光ります☆

 

img_9358

img_9360

 

稲を投げ上げるのも一苦労です。

昔は、この役目は女性や子どもだったそうですから、なお驚き。

 

img_9376

img_9378

 

おいしいお米になぁ~れ☆

 

img_9449

 

皆さん、やりきったお顔をされてますね♪

 

img_9451

 

作業が終わったあとは、お待ちかねの夕飯☆

ご飯は、窯焚きのもちろん新米!!

 

img_9470

 

まだ、釜あったかい!?

 

img_9475

 

おかずは、「ALE beer&pizza」さんの特別メニュー!!

妻有ポークや地元野菜で新米にあうものばかり(´∀`*)

 

img_9479

img_9483

 

恒例の自己紹介もして、大いに盛り上がりました☆

 

img_9523

 

ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた又司さん・ALEさん、どうもありがとうございました!!

ちなみに、今回皆さんに手刈り・はざかけしていただいたお米はこちらで購入可能です(`・ω・´)

http://shop.iketani.org/shopbrand/ct46/

 

3 / 1712345...10...最後 »