恒例の集合写真!&今までとの比較アリ2016.09.26

 

先週から長雨が続き、ようやく週末から稲刈りが始めることができました。

(しかし、また今日も雨です…T_T)

 

さて、週末にこの時期恒例の集合写真を撮影しました!
池谷集落の住民、NPOの職員、山清水米生産者らが集まりました。
子どもや若者も増え、なんだか去年に比べて一気に人が増えた気がします(笑)

 

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2016

 

ポーズバージョンも!

今年は「キラキラ~☆」ポーズです♪

 

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2016%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%baver

 

池谷の田畑を守り、集落を未来につなげていけるよう、一つにまとまってこれからも頑張っていきます!!

 

おまけヽ(*´∀`)ノ 

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2015

▲去年の集合写真☆ 

 

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2014

▲一昨年の写真!

やっぱり年々賑やかになってますね~。

 

夏に十日町で活動した短期インターン生たち!2016.09.09

 

事務局 福島です。

実行委員会では、市から市内全域のインターンシップコーディネート業務を引き受けていて、今年度からは私が主に担当しています。(去年までは多田事務局長が担当していました)

そもそもインターンシップ(略してインターン)とはなんぞや? ですが、簡単にいうと「職業体験」。最近では就職活動の一環として、大学生などにインターンシップをしてもらう企業も増えてきました。学生にしては、実際に働いてみないと分からない仕事の内容や職場の様子などを体験できる、いい制度です。

地域おこしの現場では、「田舎暮らしに興味はあるけど、いきなり移住とか地域おこし協力隊への就職はハードルが高いな…」という方に農業や地域おこしの活動などをお試しでしてもらい、あわよくば移住・定住につなげたい! ということで、インターン制度が活発に行われています。

十日町市では、3年頃前から活発にインターン制度を行っていて、経験者の中から移住者も多く出ています。

そんなインターンのコーディネート業務、市内のインターンを受入れたい地域とインターン希望者とのマッチングやインターン生のフォローを行っています。

例えて言うなら、結婚相談所の相談員さんみたいな感じでしょうか?

 

今年の夏は、6人の方が5地域で1ヶ月インターンを体験しました!

まず、「食と農を考える飛渡(とびたり)の会」で活動した大学生の皆地さん。

img_5942

img_6080

農業やイベントの出店などを体験し、地域の人に非常に可愛がってもらっていました! 特に、滞在先の隣家のお母さんから大変よくしていただいたそうで、食卓に呼ばれたり、雨の日には洗濯物を取り込んでもらったそうです(田舎あるあるですね笑)

 

 

松代地域竹所集落では、大学生の櫻井さん(写真左)が牛舎改築のお手伝いや集落内のカフェのお手伝いをしました。

img_6212

竹所集落は、インターン生を何人も受け入れているベテラン受入先。集落内に市営のシェアハウスもあり、若い人も多いので老若男女と触れ合えたそうです。櫻井さん、「将来は竹所に住みたいな~」なんてこともポロっと。そうなってもらいたいです!

 

大学院生の畠さんは、松代地域のワカイ測量さんで活動しました。ワカイ測量の若井明夫さんは、どぶろくや納豆、甘酒などの加工品や貸民家を経営されている、十日町の6次産業の草分け的存在! 畠さんは大学院で6次産業を学ばれているので、本やネットでは得られない職人のこだわりを間近に感じられたと大満足いただけたようです。

img_6209

竹所集落にもご案内しました。

 

そしてなんと十日町のインターン史上初の、海外からのインターン生もきました! 台湾の学生イアンさんとミシェルさんが松之山温泉街で活動しました。

得意な英語を活かして松之山温泉街の飲食店のメニューや旅館の案内を英語・中国語に翻訳したり、地元のイベントを楽しみました。最後には、関係者に活動報告も行いました。

img_6153

img_6156

交通機関の案内表示に英語が少ないことや、駅の案内表示がわかりづらいこと、広域観光の可能性など、彼らの視点で様々な問題提起や提案をしてくれました。

 

ちょうど同じ期間に彼ら5人のインターン生が活動していたので、インターン生と受入先の方、十日町の若い移住者の方で交流会も行いました。

img_6165

若井さんから含蓄のあるお話をしていただいたり、インターンの感想を言い合ったりしました。普段は離れたところで活動しているインターン生たちが、つながりあう機会になって良かったです☆

 

そして、「東下組の復興を将来を考える会」で現在活動中の大学生、黒川さん。

img_6207

大地の芸術祭の人気作品「うぶすなの家」の名物かあちゃん・水落静子さんたちと一緒に、稲刈りなど農作業に精を出したり、いろんな人に会いに行って話を聞いたりと勉強熱心に活動されています。

 

インターンは1ヶ月と短い期間ですが、皆さんそれぞれ充実した活動を過ごしていただいたようです。ぜひインターン終了後も、受入先の方や出会った人たちとつながって、また十日町を訪れていただきたいです。そして、人生の分かれ道に立った時に「十日町への移住」も選択肢に入れてもらえたら最高ですね!!

 

インターンの皆さんには、「さとナビ」で活動を情報発信してもらっています。彼らの素直な言葉、十日町の感想をぜひご覧下さい!

http://www.tsukurou-tokamachi.jp/?post_type=diary

 

まだこれから活動予定のインターンの方もいらっしゃいますので、またご報告させていただきますね♪♪

 

「ありがとうの会」を開催しました。2016.07.27

 

事務局 福島です。

7月23日に、東京・神田で「ありがとうの会」を開きました。

中越地震から約12年、今までご支援いただいた方に感謝を伝えるための会です。

当日は、約40人の方にお集まりいただきました。

初めてお会いする方、
長年支援いただいていて、ようやく顔を合わせることができた方、
久しぶりにお会いできた方、
たくさんの方にお会いすることができ、本当にうれしかったです。

 

多くの方からご要望をいただきましたので、今後も年に一度のペースで、
今回のような企画を行っていきたいと思っております!

 

バタバタしている中、スマホで撮ったのであまりいい写真ではないですが、簡単に当日の様子をご紹介します。

撮影ボランティアの方にも撮っていただいたので、また写真をいただいたら掲載します。

 

IMG_5868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲十日町市地域おこし実行委員会について、これまでの活動と今後について説明させていただきました。

 

IMG_5874

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ワールドカフェ形式で、「都会と田舎が力を合わせて人口減少社会をどう切り開くか?」をみんなで意見交換し、交流を深めました。

 

IMG_5878

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲長年ご支援いただいている支援者の方に乾杯のあいさつをいただき、交流会スタート!
池谷の食材をメインに使った料理の数々を楽しんでいただきました。

 

IMG_5882

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲村の人から、祝い唄「天神囃子」の披露。

 

 

 

やまんなかマルシェを開催しました!2016.07.12

 

事務局福島です。

梅雨もそろそろ明けそうで、暑い日がきセミの鳴き声が響く池谷です。

先日7月3日は、昨年に続き2回目となる「やまんなかマルシェ in いけたに」を開催しました!

当日はあいにくの雨(しかも土砂降り)でしたが、開場前から来て下さったお客様もおり、昨年と同じくらい150人以上の方に来ていただきました。

 

11

 

出店ブースは、実行委員会含め15店舗。

カレー、コーヒー、和菓子、豆乳おからドーナツなどの飲食ブース。

手作りの布小物や安心安全なおいしいものなどの雑貨ブース。

卓上機織り機を使ったコースターづくりや、アロマワックスバーづくりができるワークショップブース。

体を整える整体ブース。

と、様々な方に来ていただきました。

 

41 46

 

お客様の中には顔なじみの方もいれば、わざわざ群馬県から来たという方もいらっしゃったそうです!

文字通り「やまのなか」の池谷集落ですが、池谷の自然や分校の木のぬくもりがマルシェの雰囲気を盛り上げてくれて、他のマルシェにはない熱気を生み出しています。

メディアで取り上げていただく機会も増えましたが、まだまだ「池谷ってどこにあるの?」という方が多いです。

こういった機会に足を運んでいただき、池谷や実行委員会の活動を肌で感じていただけたら嬉しいです!

 

06

 

素敵な写真は、東京から来て下さったアマチュアカメラマンの方が撮影してくださいました!!

Facebookにたくさん写真をアップしたので、ぜひ合わせてご覧ください☆

→ やまんなかマルシェ in いけたに アルバム

 

「やまんなかマルシェ」は評判もよく、ファンも定着してきたので、これからも引き続き開催していきたいと思います!

次回はさらにパワーアップする予定(●´ω`●) お楽しみに!!

 

平成28年度総会を開催いたしました2016.06.13

 

ご無沙汰しています。事務局 福島です。

6/11(土)に、十日町市地域おこし実行委員会の平成28年度総会を開催しました。

 

IMG_5574

正会員・賛助会員・関係者の方々にお集まりいただき、昨年度の報告と今年度の計画、そして法人の名称変更と役員人事について承認をいただきました。

 

IMG_5578

 

今回承認をいただき、「NPO法人十日町市地域おこし実行委員会」は「NPO法人地域おこし」に名称変更することになりました!!

 

名称変更の理由は、以下のとおりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「十日町市地域おこし実行委員会」という名称は、池谷・入山だけではなく、十日町市全体の地域おこしをするぐらいのつもりでやろうという事で、団体設立時に仮称としてつけました。その名前が、そのまま現在まで続いているものです。

それが現実となり、現在は十日町市と協働で事業をいくつか実施しています。(里山プロジェクトやインターンシップ事業など)

近年では、十日町市の枠にとどまらず、全国各地から視察や講演の依頼を受けたり、地域おこし協力隊向けの研修会にも呼ばれる機会が増えました。

また、団体設立当初から「日本全体の問題への挑戦」という事を掲げてきましたので、このタイミングで十日町という地域を限定する文言をはずし、名実ともに全国各地に地域おこしのモデルを発信する取り組みを行うために上記のように名称を変更しようと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


実際に使用できるようになるのは登記変更後なのでまだ先ですが、新たな気持ちで今後も取り組んでいきたいと思います!

 

総会後には、懇親会を行いました。

 

IMG_5581

 

懇親会後には、まだ語り足りない人(笑)で池谷分校に場所を移し、2次会をしました。

 

IMG_5585

 

池谷集落の友好集落である、松代地域竹所集落の五十嵐区長さんと、多田事務局長が熱く語り合っていました☆