池谷・入山の棚田で育った山清水米

集落の未来をつなぐ山清水米

池谷・入山集落は、全国的に有名な「魚沼産コシヒカリ」の産地です。
中越大震災では多くの棚田の畦が崩れ、中には3年かけて直し、
耕作を復活した場所もあります。しかしそんな逆境にもめげず米作りをし続けたのは、農業の継承が集落を存続させるために大切なことだからです。
先祖代々続いた棚田を守り、村の灯りを未来へつないでいくために、
私たちは自慢の魚沼産コシヒカリに「山清水米」という名前をつけて、
直接消費者のみなさんに買っていただくことにしました。
池谷・入山の豊かな大地で育ったお米を食べながら、
私たちが目指す「集落の存続と、都会と田舎が手と手をとりあう幸せな 社会づくり」を一緒にしていただけると嬉しいです。

「同じ気候の年がないように、米作りも毎年変わる」

大ベテランの池谷・入山の農家でも、米作りは毎年が真剣勝負。
去年よりももっといいコメを作ろうと、全員がこだわりぬいて米作りをしています。
そんな生産者の熱い思い、ぜひご覧下さい。

ご購入はこちら

新潟県認証 特別栽培米

全量、新潟県の特別栽培米の認証を受けています。特別栽培米とは、化学合成農薬および化学肥料の窒素成分を慣行レベルの5割以上削減して生産したお米のことです。

超特選 農薬・化学肥料不使用はざかけ米

農薬・化学肥料を使わずに栽培し、昔ながらの「はざ架け」により天日でゆっくりとした自然乾燥をしています。また、稲わらは地域の無形民俗文化財(新水集落の道楽神)に活用されます。

山清水米 白がゆ

山清水米を原材料とした、無塩の白がゆです。病人食や普段の食事に重宝します。また加熱しなくても食べられるので、緊急時の時の備蓄食としてもご利用いただけます。

山清水米が美味しい理由

豊かな自然に育まれる

自然豊かな栽培環境

山清水米は、中山間地の山奥の棚田で作られています。冬には3メートル以上の雪がつもり、春になると雪解け水が大地にゆっくり浸透し、ミネラルをたっぷり含んで田んぼに注がれます。生活排水が混ざっていない、飲める水です。
水がきれいなので、カエルやどじょう、貴重なサンショウウオやタガメ等水生昆虫などが沢山住んでいます。初夏にはホタルも飛び交い、そして山地だからこその昼夜の寒暖差によりお米の甘味がぎゅっと増します。

安心・安全を食卓へ

安心・安全な栽培方法

農薬、化学肥料を通常の半分以下に抑えて栽培し、全量新潟県の特別栽培米の認証を受けています。さらに、はざかけ米は、農薬も化学肥料も全く使わずに栽培しています。
また、ラジコンヘリでの農薬散布も来ないので、周辺で栽培している人の農薬も飛んできません。その代わり草刈り等の手間は平場の広い田んぼに比べると大変です。

精米後すぐに発送

鮮度を保つ保管方法

お米は生ものなので、精米すると徐々に劣化していきます。なので、私達は玄米のまま保冷庫で低温保存し、注文毎に独自の精米プラントで精米して、新鮮な状態で発送しています。届いたお米は冷蔵庫(出来れば野菜室)に入れ、美味しく召し上がってください。

エリオットさんご夫妻

エリオット夫妻

・Zak Elliott様
僕は、実際作ることを参加したし、いつも作っている皆様と知り合えたから、なんというのかな。。。
安全でもあるし、自分の故郷みたいな感覚で応援したくなるから買っていると思う。

・久瑠美様
とにかく初めて食べた時に、本当に美味しかったです。他の魚沼産とは味や食感が違う事を実感しました。
とにかく美味しかったです。
そして、ボランティアで訪れた際どのような環境で作られているかも購入している理由のひとつです。
作り手に愛情を感じる環境の中、そして自然に囲まれた豊かな山々の中で育まれたお米の美味しさに通じています。
お値段がやはり魚沼産の中でも高めだとは思うのですが、継続的に買う理由にはこんな2つの理由で購入しています。

長田延滿様

長田延滿様

山清水米のご縁は、「実るいけだん」の竣工式に出席した大塚実会長から「おいしい米だ。
復興の支援にもなる」と勧められたのがきっかけです。
娘家族と二世帯でいただいておりますが、美味であることは言うまでもなく、なによりも安心していただけるのが有難いです。
プランターの野菜づくりで疲れる私には、山上の棚田の農作業の大変さは想像できませんが、
その苦労を生かしてくれるのが豊かな自然環境だと思います。
TPPで安い米が心配されていますが、私は逆に世界の金持ちが「山清水米」を買い占めないかと心配です。
山清水米が日本農業の活路を開く牽引車となる様期待しております。

宮沢さんご家族

元々JENのファミリーサポーターであった我が家に、「そうだ、田んぼに行こう」というキャッチーなフレーズが入ったお知らせが届いた時、不思議なご縁を感じたことを今もよく覚えています。
中越地震が起きた2004年10月23日、私事ながら私たち夫婦は都内で結婚式を挙げました。多くのボランティアが被災地に向かう中、何も出来なかった自分達の無力さを感じていましたが、JENのお知らせを見てから次の5月の連休、3歳の娘を連れて私たちは「そうだ、田んぼに行こう!」と家族で池谷に向かいました。

山肌には所々自然が牙を剥いた痕が残っていましたが、池谷にはかけがえのない経験と出会いがありました。
自然が牙を剥いても、限界集落に息を吹き込んで1000年続く村を作ろうという情熱を持ち、都会から池谷に移住した爽やかなダイナミズムを持った若い方達、都会のよそ者ボランティア達を温かく迎え入れてくださる村の皆さんと、手弁当で何度も地震で傷ついた村を支えに駆けつけるボランティアの優しい手で、山清水米が育てられていました。

炊飯器で炊いてももちろん美味しいですが、我が家ではル・クルーゼ(フランスのホーロー鍋)や、フツフツ・・・という音を聞きながら、土鍋でつやつやに輝く山清水米を炊いています。
炊きあがった土鍋の蓋を開けるとき、田植えを教えて下さる村の方の笑顔、子育てをしながら農作業を手伝っていらした女性たちの優しい手が毎回思い出されます。

豊かな自然に抱かれた池谷の田園風景で穏やかに福々しく育つ山清水米を、我が家ではお世話になっている方々へのお中元やお歳暮として送ることはもちろん、日本のお米を入手しづらい環境にある海外に住む友人達にも送っています。既に太平洋も大西洋も渡った山清水米は、海外在住の方達にも大好評です。

「いただきます」は、多くの人によって育まれた命を頂くこと。
2か月に1度の割合で注文する山清水米の白米5キロと、玄米5キロが、池谷の地域おこし委員会から我が家に届きます。
多くの人の情熱と優しさで育まれた池谷の命の源・山清水米が、今日も我が家の食卓を支えてくれます。

ご購入はこちら

お米通信 No.128

 

毎月、商品をご購入いただいたお客様に、商品と一緒にお届けしている「お米通信」。

ブログでもご紹介しています。

9月号(9月9日発行)の担当は、多田朋孔です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今月は私、多田朋孔が書かせて頂きます。9月になって、この原稿を書いている時点では稲の様子は

写真のような状態になりました。

少し穂が垂れ下がってきましたが、まだ色は青く、稲刈りまではしばらく待つ必要があります。

 

 

今年は田植えをした直後の5月末から6月頭にかけて、気温が低く、なかなか成長しなかった上に、夏に雨が多く、9月に入ったらもう夜は肌寒く感じる等、気温もそこまで高くなかったため、集落の方々も今年の収穫量がどうなるか心配しています。

雨が多かったという事は、田んぼがぬかるんで乾きにくかったという事でもあります。

稲刈りでは、はざかけ米以外はコンバインを使っていますが、田んぼの地面がぬかるんでいるとコンバインが埋まってしまい、使えない場合もあるため、稲刈り作業の事を考えると、お盆を過ぎてからの雨は、出来るだけ降らないで欲しいというのが本音です。

とは言え、天候はこちらの思うようにはいかず、毎年違うので、農業は奥が深いとつくづく感じます。

 

 

また、今年はイナゴも多く、田んぼの畔やその近くを歩くと、イナゴが一斉に飛んでいきます。

私は三国志が好きなのですが、三国志のワンシーンでイナゴの大群がお米を絶やしてしまうような描写があったのですが、さすがにそこまで多くはないので、イナゴのせいでお米が大きく被害を受けるというほどではありませんが、ところどころ葉っぱを食べられました。

私達の作るお米はこういった虫に対しての防除は一切行っていませんので、より安全性の高い作り方になっていますが、その分、被害に遭うかどうかは自然任せです。

 

 

8月最終週の土日は十日町市内の色んな所でお祭りが行われました。

池谷集落では、この時期に土曜の朝6時から神社の前を草刈りし、御祭禮の提灯をつるして飾りつけをしています。

翌日の日曜の午後に片付けをしてから、神社の中で集落の人達が集まって飲みます。この時の話で三椿さんのお宅に第3子がこの冬に産まれる予定であるというお話が出てきました。またもや池谷集落が若返る事になります。

これからも集落の存続に向けて、集落の基盤である山清水米を是非ともよろしくご愛顧頂ければと思います。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山清水米の購入はこちらから!

http://shop.iketani.org/