第4章 集落の灯を絶やさない

 

加工品事業に着手

 

 2013年度から、新たな取組として加工品開発事業に着手することになりました。前々から、集落では「加工施設が集落にほしい」「加工品を作って売り出そう」という声がありました。そこで、国の助成金を得て実行委員会の職員を新たに採用し、本格的に取組む運びとなりました。

 実行委員会の職員募集に応募してきた数名の方の中から、最終的に増田明弘さんを採用しました。増田さんは十日町市出身で、大学卒業後新潟市で働いていたのですが、ハードワークで一時期身体を壊してしまったため退職、自然と共生する生活がしたいと考えて実行委員会の求人に応募しました。採用にあたっては、村人にも人柄を見てもらった上で行いたいと考えていましたので、増田さんには池谷集落でインターンをしていただく事になりました。

 インターンシップ制度は集落の後継者を本格的に増やしていくために、2013年度から新潟県の制度を利用して始めました。インターン生は主に2パターンで、2週間~1ヶ月間の短期インターンと、半年~1年間の長期インターンです。集落では、2013年~2014年に短期インターンをのべ10人、長期インターンを2名受け入れました。インターンシップで来た人の中には、地域おこし協力隊などに応募し、その後も十日町市内に定着している人が複数います。

 増田さんにはインターン生として、2週間村人の手伝いや農作業などをしていただきました。結果、村人からもOKが出て、晴れて実行委員会の職員として採用され、現在は十日町市内から池谷分校まで通勤しています。

 加工品の開発を主に担当しており、山清水米を原材料にレトルトパウチのおかゆを考案・商品化しました。続いて山菜ごはんのもと、野菜がゆなど、レトルトパウチで賞味期限が長く、取り扱いやすい商品を次々と商品化しました。これらの商品は池谷集落や十日町市産の食材で、外部の企業に委託加工して製造してもらっています。まだ加工品に関しては動き出したばかりですが、東京の神社から白がゆの大口受注が入るなど、今後の可能性が期待できそうな状況です。仕事・収入を生むための取組みとして形にしていきたいと考えています。

 

imgp9275
新開発した加工品

 

 ←前ページ   目次にもどる   次ページ→