お米通信 No.163(2020年8月号)2020.12.07

毎月、商品をご購入いただいたお客様に、商品と一緒にお届けしている「お米通信」。

ブログでもご紹介しています。更新が滞り、振り返る形になりますが8月のお米通信をお楽しみくださいませ…

残暑お見舞い申し上げます

今年は梅雨明けが遅く、雨続きの7月でした。あんなにお日様が恋しかったのに、晴れて喜んだのは1~2日だけで、梅雨明けと共に気温もぐっと上がり、一気に真夏になりました。そうなると「こんなに急に暑くならなくても良いのに」と文句を言いながら早速バテています。畑の野菜達は長雨のせいで今年は生育があまり良くなかったのですが、やはり日光の威力は凄まじく、この数日でかなり伸びた気がします。米や野菜だけ都合よく伸びれば良いのですが、雑草はより力強くぐんぐん大きくなるので田んぼや畑の草刈りや草取りが大変になっています。NPOの田んぼの草刈りは、農業チームが早朝5時から行っています。田んぼの数が多いので、1巡したらまた最初のところを刈らないといけない状態です。きりがなくて大変な作業ですが、怪我や体調に気を付けて頑張ってもらいたいです。農業チームはYou Tubeチームでもあり、作業の様子などの動画をアップしています。最近はコメントをいただくことも多く、励みになっています。日々の田んぼや作業の様子がわかるのでご覧いただけると嬉しいです。

元限界集落から地域おこしチャンネル https://www.youtube.com/user/chiikiokoshi

 

稲はちょうど穂が出始めたところです。これからは良い天候が続き、昼間太陽の光をたっぷり浴び、夜間は涼しくお米の1粒1粒にしっかりと栄養と美味しさを蓄えて欲しいと思います。

 

我が家の子供達も夏休みに入りました。毎年地域で行われる「川遊びの会」も今年はコロナウイルスの影響で、規模を縮小して行われました。夏休みと言ってもお祭りなどのイベントは中止になり外出もままならない状況ですが、この日は子供達の楽しそうな声が響き、大人も楽しめたひとときでした。身近に自然があり、息抜き出来る環境は有り難いなぁと改めて思いました。子供の通う小学校は全校生徒が8名で密どころか教室もスッカスカです(笑)田舎で子育てをしたいお知り合いがいらっしゃいましたら是非ご紹介ください。また、この夏は年に2回の楽しみである帰省を断念したので、早くコロナウイルス感染の心配が無くなり、安心して行き来出来るようになって欲しいと切に願っています。今まで当たり前にしていたことが出来なくなって、その変化に順応するのは大変ですが、皆さまどうぞお気をつけて、コロナにも暑さにも負けず美味しいご飯(山清水米)をもりもり食べてお元気でいてください。(多田美紀)

 

 

 

 

  待ちに待った青空      稲の様子(8/4)                    川遊び

山清水米の購入はこちらから!

http://shop.iketani.org/